自然

2017年7月24日 (月)

ミョウガが出た。セミも出た

ミョウガって、こうやって出てくるんだね(今生活してる田舎の家)

_dsc6928




_dsc6935


初めて見ました。
ミョウガが土から出ている所
こんな風に、出てくるんやあ

知らんかったあ


同じ、土の中から出てくるやつ
今年もセミの抜け殻が、た~くさんぶら下がってる。
数にしたら、何10匹(数えるのしんどいので手抜き)

Img_0283

毎年、数が増えてるように思います。
ちょっと異常??

虫が苦手なうちの娘。
目が悪いせいか?知らなかったみたいで、何気に
「セミの抜け殻がいっぱいやなあ」って、言うと

ヒェーッsign03 全部取っといてぇーーimpact

と・・・・取ってませんけど


Img_0284

我が家(徳島市内)の庭の木に鈴なりです。







                                       cancer

2017年7月 2日 (日)

アサギマダラに会いたいな

アサギマダラという蝶
名前は、聞いたことがあるし、渡りをするっていうのも
薄々知っていました。

蝶もた~くさん種類がある。当たり前ですが
その中で、このアサギマダラだけが、数千キロの
渡りをするんだそうです。


春から夏にかけて北上。秋に南下するとのこと
徳島の各地で飛来した、アサギマダラが目撃されています。

見るからに、はかない感じのする蝶々が厳しい自然の中を
飛んでくる。。。すごい!! リスペクトです)^o^(

Photo
    ※フリー素材から・・・・フジバカマの蜜を吸うアサギマダラ



アサギマダラが好んで吸蜜するのが
フジバカマの花。




先日、町の取り組みの一つとしてフジバカマを植えてアサギマダラに
たくさん来てもらおうというので、Mさんといっしょに、参加しました。

Photo_2



Img_0238jpg_2



町にアサギマダラがやって来るのは、10月9日だそうです。
アサギマダラを愛してやまない(?)農家のおじさんが
言ってました(^。^)

Img_0240jpg_2

アサギマダラよ、ぜひぜひ来ておくれ~
今から会えるのが楽しみです。




                                 heart04

2017年6月 2日 (金)

ノイバラと番茶

我が家のすぐ側を流れる川の岸辺に
ノイバラが群生しています。


Dscf1358_800x600




近づくとこんなかわいい花です。野薔薇の仲間です。
よく似た花で、豪華で美しい薔薇の原種の一つでもある
「テリハノイバラ」というのがあるんですが
それとは違うようで、ちょっと残念。

Dscf1359_800x600

話は変わるのですが、下の写真は
お義母さんが、茶の葉を干しています。

Img_0053_800x600

番茶です。新芽より少し大きくなった茶葉を摘んできて
湯でて、よ~く揉んだものを広げて天日に干しています。
カラカラに乾けば出来上がりです。
Img_0060_800x600



この5月いっぱいで長年勤めた職場を退職しました。
まだ数日しか経っていないので、実感が湧かないのですが
これから、便利な町の暮らしから一変、車で1時間半と遠く離れた
田舎での暮らしが中心になります。

ということで、これからちょくちょくこんなスローな田舎の風を
お届けするようになります。


ブログも今年の7月が来ると、丸12年。
長くやってると、いろいろ変遷がありますhappy01





                                           dash

2017年6月 1日 (木)

キキョウソウ

Mさんの家の近くに
たくさんキキョウソウが咲いていました。

Img_0040_800x600

Img_0041_600x800



私の家の近所では、いくら探しても
キキョウソウは、見つからなくて
咲いているのは、ヒナキョウソウばかりです。
やっと見つけて、うれしかったあ

これは、ヒナキキョウソウです。
前の記事でも画像を載せています。
Img_0024_600x800



ちょっと名前聞いてるとややこしいです。
キキョウソウ  ヒナキキョウソウ  ヒナキキョウ
なんか、三段活用みたいな??
それぞれの大きな違いは・・・

ヒナキキョウソウは、てっぺんに一つしか花をつけません。
キキョウソウは、別名ダンダンギキョウと言うように
3~4つ花をつけます。
ヒナキキョウは、花は似てるけど、もっと小さくて見た目が
違います。


ヒナキョウは、まだちゃんと写真に撮れてないので
図鑑のようなサイトから、拝借しました。

Hinagikyou02


どれも桔梗の仲間らしいです。
きれいでしょ^^







                                    happy01

2016年9月 5日 (月)

川にエイ

朝晩の気温がいっきに10°C程下がった日

いつもの散歩コース

Img_2874_800x600

川沿いの土手から、川をのぞくと、

なんとなんと、そこにエイが泳いでいるではないですかあ!!

Img_2891_800x600

エイの親子かな?

少し離れた所で、赤ちゃんエイも見かけました。

手のひら位の大きさで、かわいかったなあ

下から見上げているみたいです。


Img_2894_800x600

河口から3km位上流になると思うけど汽水域なので

ボラやクラゲも見かけます。

他の魚達もこの日は、いやに動きが活発で、川は大にぎわいでした

気持ちの良い水温になったのかな?

これまで暑すぎたからね

先日、瀬戸内国際芸術祭(夏期)に行ってきました。

おいおい、また記事にします。

                           fish

2016年5月 6日 (金)

ちから

3月下旬に訪れた
瀬戸内国際芸術祭のことをアップしようと
しているところに、大地震で
たいへんなことになって、なんかそんな気に
なれなくて、ちょっぴり滞ってます。

はやく早く、復興できますように
頑張ってください。

芸術祭のことは、また近々


今回は、わが家の玄関の門扉に
一年中、青々と茂っていた
観葉植物・・・すっごい頑丈な植物
名前は「カポック」だっけ?



それが、今年の冬
大きな寒波と大雪(徳島にとっては)がやってきて
たった一日で、枯れてしまいました。

P5033237_579x800





すっかり茶色く枯れてしまって、
除けてしまわないとと思いながら、
そのままになってしまっていました。
数日前よ~く観ると、小さな芽が出ているのを
発見!!

嬉しくなりました。

P5033240_800x600




すごい!!
なんという生命力!



再び、青々と茂ってくれることを
期待して・・・・





                                                                                        bud

2015年8月16日 (日)

おとしぶみとゆりの不思議

7月下旬のこと

山際をあるいていると、アスファルトの道に
何か落ちている
Img_1874_2_800x600




今まで、気付かなかったけど
これは、もしかして・・・・オトシブミ?という虫の仕業か?
はじめて見ました。いや、いつも落ちていたのに
気が付かなかっただけなのかもしれない


この中に、卵が一個。
卵が孵化すると、この葉っぱを食べて幼虫は
生長する。
よく考えられた、ゆりかごです。
Img_1885_800x800

「オトシブミ」なんて、粋な名前を付けてもらって・・・^^
名前の由来を調べてみると
「昔の人は思いを寄せる人に宛てた恋文を折りたたみ、その人が通りそうな場所にそっと落しておいたそうである。その恋文が「落し文」である。恋の成就は、意中の人が「落し文」を拾って読んでくれるかどうかにかかっている。」

何と奥ゆかしいというか、歯がゆいというか
とにかく、くるくる巻いた見た目が文のようで、
落としてあるとこが似ているからだそうです。

それにしても、結構かたくて、自分の体の何倍もあるような
葉っぱなのに、きれいに丸めるよね


それから、今まで見かけなかった植物
茎を中心に放射線状に細い葉っぱが密集して
ついている
(写真、撮れて無いのが、残念)
どんどん背丈が伸びてくるけど、花が咲く様子が無い
ユリのような気もするけど・・・なんだろ?
あちこちで見かける。
道端や、土手・・・私の職場の庭の片隅にも
植えた覚えも無いのに・・・
「ユリって、球根よなあ????」と、みんな不思議がっている
P8132549_800x600





P8132542_800x600




そう思っているうちに、最近花が咲いた
真っ白い、きれいなユリでした。

どうも「タカサゴユリ」という
外来種(台湾産)のようです。


異常気象から来る異常な暑さが、関係ありそうです。


徳島の阿波踊りも終わりました。
いつもチビたち(孫)を連れて、ぶらぶらと
観に行ってたのですが、その孫たちは遠くに行ってしまったので
観にも行かず、静かなお盆でした。



                                   bud

フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31