旅行・地域

2018年3月12日 (月)

溝普請の日

「溝普請」=みぞぶしん
私は、はじめて聞く言葉で、この地方の方言かと
思ってました。
調べると、「普請」と書いて、遠い昔から使われる言葉で
公共の工事や作業に無償で参加して、維持管理していくこと?
ざっくり言うとこんな感じ?
ボランティアみたいにも思えるけど、少しニュアンスが違う
その公共のものは、自分たちにとっても
必要不可欠なものだからです。

2


9

ということで、溝普請は、つまり溝掃除です。
この溝は、とっても大切なもので、
米作りに欠かせない水を引き込むための用水路です。
年に一度、田植えの準備が始まる前に、
水を使う人たちが共同で、溝に入り込んだ土砂や
枯れ枝や枯葉を取り除く作業をします。

それで初めて、私も参加しました。
実は、ワタクシあんまり役に立ちません(^_^;)
農業体験みたいな感じ)^o^(
6

昨年10月の巨大な台風でこんなことに
なってしまいました。
8

最近では、この用水路を使う農家さんが減ってきて、
普請に参加する人も減ってきました。
行くとすでに、大方の作業は終わっていました。
前日までにやってくれてたようです。
残っている土砂などを、取り除きながら
上流まで歩きました。


用水路と川の境を塞いでいた板の向きを変えると
いっきに、水が流れ込みます。

10

11

距離にして2㎞余りはあるでしょうか?
それをずっと掃除していくのですから
たいへんな作業です。


今は、こうやってセメントで溝をかためていますが
遠い昔、セメントが無かった時代は、もっと大変な
作業だっただろうと思います。


こうやって、ふもとの田畑を潤します。
1







                                   club

2018年1月28日 (日)

「さぎっちょさん」て、言います。

あれえw(゚o゚)wsign03 もう1月が終わります~

お正月気分もすっかりどこへやらですが
どんど焼きのことをちょっと


こちらに来て、はじめて地域でする「どんど焼き」に参加しました。
これまでは、職場の行事(つまり仕事)として毎年やってたので
どんなことをするかは、だいたい知ってました。
でもそうではない、地域で脈々と受け継がれてきた行事の重みの
ような、なんか新鮮なものを感じました。


「どんど焼き」とか「どんと焼き」とか「左義長」という所とか
呼び名は色々あるみたいですが、
私が住む地域では「左義長」で、「さぎっちょさん」と
よんでいます。



前日に近くの河原に短冊を結んだ竹笹を立て
しめ縄や松飾を結び付けて準備をします。
Img_1608


翌朝、地域の人たちも来て、まずお米を一つまみずつ
お供えして拝んでから火をつけます。
Img_1611



Img_1614

正月飾りが燃えて、煙が空に上って行くのを見ていると
家々におこしになった神様たちが、帰って行くような
気がしました。

Img_1618


最後にお餅を焼いて、食べます。

Img_1628


燃えつきてから、竹笹の短冊が付いた一枝を
ちぎり、持ち帰って家の入口に飾って、
やっとお正月が終わります。
どんど焼きは、一年の無病息災を祈る行事ですが
また一年、頑張るぞ。。。と、気分を一新する日でも
あるような気がします。





                                 dog

2017年5月11日 (木)

GW お花見

娘と淡路島の花さじきに
お花見に行ってきました。

GW後半

高速走れば、1時間半ほど・・・そのつもりだった
それがなんとインター手前から、渋滞して
じわじわしか動かない

Img_3299_800x600




えぇ~!? こんな田舎の高速が渋滞するってか?と
驚きでした。
さすが、大型連休。


今の花さじきは、終わりかけの菜の花
と、咲き始めたポピーでした。
お天気も薄い雲に覆われていたので
仕方ないけど、今ひとつ

P5034163_800x600


2017年のバード・・・かな? 癒し系
P5034154_800x600


P5034149_800x600




ちょっと残念な状況でしたが、それでも気持ちの良い場所です。

P5034165_800x600




また今度、花がたくさん咲いてる時に来ようって
話しながら、帰ってきました。



スケッチしたけど、へんな絵になった…ハハハ
と、笑でごまかす・・・

無理矢理に傾けてみたけど・・・あ~苦しい(^_^;)
Dscf1355jpg_2

2015年7月 8日 (水)

またも上勝

梅雨も折り返し地点をとっくに過ぎて
今日もどんよりとした空から、雨が・・・




↓雨に煙る、上勝町の家並み。

P7012370_2_800x600

たまたまお休みが同じ日になった娘と
5月の連休に、見つけた上勝にあるカフェに、
出かけてきました。

P7012367_800x600_2


P7012369_800x587






このカフェの経営者らしき女性が、
上勝での起業についてのプレゼンを
してました。
偶然そういう日に行き当たったみたいで
「ちょっとやかましいかもしれませんが、ゆっくりしてください」と
いうので、何となく、遠くに聞きながら、コーヒーを頂きました。


おばあちゃんたちの葉っぱビジネスで、一躍有名に
なった上勝町ですが、
若い人たちも、町を盛り上げようと、
頑張ってるんだなっていうのが伝わって来ます。

カフェでゆっくりした後、
同じ町内に、今年6月にリニューアルオープンした
地ビールの醸造所を備えたお店に寄ってみました。
ここも若い人たちが、頑張っていました。

P7012381_800x600
↑手前の窓は、取り壊した空き家の窓を重ね合わせたもの




上勝は、徹底したごみの分別活動をしています。
この店は、この活動に協賛して
建物自体が、廃材や捨ててしまうようなものを
最大限利用して、作られているそうです。


レトロな感じで、良い雰囲気でした。


↓このシャンデリアは、捨てられた空き瓶たち。
 とってもお洒落に仕上がってました。

P7012376_2_800x600_2







せっかくだから、何か買い物を・・・と思ったけど
意外と、お値段高目で、あれもこれもということには
いかなくて、選んだのは↓

Img_1840_600x800

これで、600円。良いものだと思うけど、
我々のような庶民には、ちょっとお高いgawk


P7012375_800x600

↑ピンボケてます(>_<) ビール瓶ですが、空っぽです。
今は、ビールの量り売りしかしてなくて、空っぽ。
もう少ししたら、瓶ビールの販売も始めるそうです。
その時には、買いに来ようと思ってます。




帰りに紫陽花園の看板を見つけて
雨に濡れた紫陽花の写真を撮りたいと
思って、寄り道したけど、イマイチでした。

P7012399_800x600


P7012396_800x600


P7012398_800x600




良い時期は、とっくに過ぎてたのかも


                   ザンネン!!




                                     rain

2015年5月30日 (土)

花さじきへ

雲一つない晴天
仕事は、臨時休業(?)
ここのところ忙しかったしなあ
お昼もだいぶ過ぎたけど
たまには、気晴らしも大事だよね

そうそう気晴らし、気晴らし(*^^)vと、
言い訳ともつかないようなことを呟きながら


↓入口の案内と産直など
P5262255_2_800x600




ということで
不意に思い立って、淡路の花さじきに行ってきました。
本当なら、バイクで行きたいところだけど
ちょうど仕事が休みで家にいた娘を誘ったので
車でドライブということになりました。

P5262246_800x600




ここは、いつ来ても花があるから良いです。
この日は、ポピーと金魚草かなあ?
花畑が、広がっていました。
P5262225_2_800x600


P5262240_2_800x600


P5262248_800x600_2




ポピーは、もうそろそろ終わりみたいだった

ちょうど、玉ねぎの収穫時期で、
たくさん置いてあって、主婦のみなさんは
買い求めていました。

P5262254_2_800x600



私も小玉のもの15個ほど入って260円を
買いました。
当分、玉ねぎには困らない


帰りは、ちょっと寄り道して
また明石大橋の、裏側を撮ってきました。
ここまで来ると、明石大橋の裏を見とかないと
もったいないような気分になるので(^^ゞ

P5262257_2_800x600




今度は、ひまわりが咲く頃に来たいなあ

2015年3月30日 (月)

今年もアート展

今年も牟岐町で、出羽島をメイン会場に、
「ムギ・テバ アート展2015」が開催されました。

Dscf0798_800x600




今年、出羽島には、時間が無くて行けず、
ちょっと残念。

Dscf0811_600x800



それでも何か所か
町内に点在する展示会場を見て回りました。

Dscf0813_600x800


   以前にも紹介した武士くん(牟岐町在住)の作品です。Dscf0812_800x600_2
リアル案山子の展示とコンテストをしてました。

Dscf0809_800x600

高さ9m 周囲約30mの巨大なサンゴを
モチーフにしたキルト
地元サークルの人たちの作品も数多く展示されて
いました。

Dscf0819_600x800


       牟岐のあんどんDscf0821_800x600
メダカすくい一回500円   で、6匹だったか?すくえた!
銀色に光っているようなメダカや、金魚のようなメダカとか
いろんなメダカが展示されてました。
変わったメダカばかりで、逆に元々のメダカの方がめずらしい(>_<)

Img_1727_800x600



アート展が始まって、今年で3年目。
毎回、たくさんの人が町内外から来てくれます。
年に一度、静かな町と島が、にぎやかになります。

いろんなアーティストにボランティアの学生さん
普段、見かけない若者がいたり・・・
若い人が、多いって、すごいね。
なんか活気のある雰囲気になって熱気を帯びてる。


関係者の人たちは、たいへんやと思うけど
これからも、続いてくれることを願っています。






にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

2015年1月19日 (月)

よさこいとこけら寿司

高知の東洋町甲浦(かんのうら)にある海の駅で、
「こけらまつり」というのがあって、
Mさんのお母さんと行ってきました。
東洋町は、海側の徳島との県境にある町です。


裏手は、海水浴場で、どんど焼きの準備が
出来ていました。
この辺りでは、「左義長」と呼ぶようです。


P1111693_800x600



「こけらまつり」ってなに??はじめて聞く言葉です。
もらったパンフをよ~く読んでみると
「こけら」は、「こけら寿司」のことで、
東洋町の郷土料理らしいです。
いく重にも重ねた押し寿司で「喜びを重ねる」と言って、
縁起物として、祝い事には、欠かせないもの
「投げても壊れない寿司」なんて、書いてある(^v^)


どんなお寿司かというと、こんなお寿司

Kokerazushi_kouchi_p_1
※HPから拝借しました。


このお寿司を目当てにでかけたのに、
とっくに売り切れてて、がっかり。


重しを乗せて1時間ほど置くらしいので、
食べごたえが、ありそうです。
いつかは、食べてみたいものです。
残念でした。

高知のよさこい踊りが、プログラムの中に
ありました。
よさこいを生で見るのは、初めてだったので、
お寿司でがっかりしたけど、これで気持ちは、
おあいこかな



P1111705_800x600





P1111700_800x600_2

P1111708_800x600

P1111709_800x600




ちなみに、よさこいは、徳島の阿波踊りに対抗して、
やり始めたそうです。

寒くなかったし、お天気もよくて、
良かったねえ・・・なんて言いながら
帰ってきました。






                                       sun

2014年9月24日 (水)

産直市

お彼岸の中日。
お墓参りを済ませてから
「今日は、産直市巡りだあ・・・」と、久々、同居娘と
出かけました。


巡り・・・と言っても2か所ですがcoldsweats01

車で30分ほど走って、一か所目
道の駅と併設されてる所です。

Img_1227_800x600


Img_1228_800x600




地元の特産品で開発された商品が
並んでました。


Img_1226_800x600



ネギとニンニクと、トウガラシ
一玉290円のキャベツを買いました。

キャベツがだいぶ安くなってきました。

次は、20分ほど走って、「彩の上勝」
時々、紹介させてもらってますが、
そこの小さな直売所です。

Img_1229_800x600




いろんな、ナスビ

Img_1230_800x600




実は、娘も私もあんまり得意じゃないのです。
だから、「へ~ いろんなのがあるんじゃあ」と
見ただけcoldsweats01

Img_1231_800x600



柚子のシャーベット
「ゆずうー!」って、感じ・・・でした。
夕飯用に買った赤飯が、美味しかったあ

こんな風景は、最近珍しくなりました。

Img_1235_800x600




産直市・・・
野菜が新鮮で、安いし、手作りのいろんな物が
売られてて、見るのも面白いし

また時間があったら
行こうっと

2014年7月10日 (木)

温泉行ってきました。

「温泉に行こう」って、
温泉好きの娘に誘われて、久しぶりに
行ってきました。

四国最東端 蒲生田岬灯台の少し手前にある
「かもだ岬温泉」です。

Dscf0652_800x600



ちょっと余談ですが、「かもだ岬」って、呼び名が
しっくりきません。
ず~っと前から、「がもうだ岬」と、呼んで
親しんで来ているからです。

なぜ「かもだ」なんだろう??
温泉の名称も「舟瀬温泉」から変わっています。


県内の温泉をあちこち行ってますが
いちばんのお気に入りなんです。
一ファンとしては、「がもうだ岬の舟瀬温泉」であって
ほしかったです。

ちょっぴり個人的不満を述べさせて頂きましたですcoldsweats01

温泉としても四国最東端なんだそうです。
Dscf0649_800x600




この温泉は、夜行っては、だめなんです(^_^;)
ここが良いのは、露天風呂からの眺め。
夜になると何にも見えません(>_<)
小さな漁火ぐらいは、見えるかも・・・

岬の高台にあって、眼下に椿泊湾が見渡せて
行きかう漁船や、小さな島影が見えたりして、
のどかな風景が広がります。
とってもきれいです。

あいにく台風が接近している時で、
少々お天気が荒れ気味のため
風景は、イマイチでした。

Dscf0651_800x600



行った日は、普段の日ということで、
数えるほどしかお客さんは、来ていませんでした。
おかげで、ゆっくり浸かって、ノンビリ過ごせました。

Dscf0659_600x800

  玄関を入ると「あななん」(^_^)が迎えてくれます。




Dscf0662_800x600
     帰りは、こんな夕焼けが




夕飯は、自宅近くの「丸亀製麺」さんで。。。
初めて行きました。
何と、無駄が無くて、合理的に出来てる店だなあと
感心しました。

Dscf0663_800x600

ネギだらけに、なってしまった(>_<)



とにかくお安くて、美味しくて、お腹満足になったので
良かったです。





にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村
ブログランキングなんてのを
ちょっとやってみました(^^ゞ

2013年10月 8日 (火)

岡山ミニ旅行

すっかりおなじみになってしまった瀬戸大橋です。

Dscf0169_800x578



Dscf0165_800x600


Dscf0163_800x600 与島PAからの眺めです。
車道の下を列車が走っているの
わかりますか?
















Mさんが日帰り出張で一人岡山に行くと言うので、ついていきました。
もちろんMさんが仕事をしている間は、ひとり別行動です。

時間的には、半日しかないのでその範囲で行けるところを探しました。
はじめは倉敷の大原美術館に行こうかと思っていたのですが、
地図に竹久夢二の美術館があるのを見つけ訪ねることにしました。

Dscf0170_800x600

竹久夢二の美術館は、後楽園の入り口すぐ近くにひっそりとありました。
観音開きの戸を押して入っていくと、夢二の生涯を紹介するビデオの
ナレーションと代表作「宵待草」の曲が流れていました。
普段の日とあってか、私以外には、だれも来訪者は無くて、
曲とナレーションの繰り返しが静けさを強調していました。

Img005_800x793
  入場券です。

ゆっくり、じっくり一つ一つ見て回りました。
どの作品も繊細ではかないような夢二独特の雰囲気。

夢二は、絵といっしょにたくさんの詩も残していて、
この日は、そういった作品をテーマに展示されてました。
大正ロマンも織り交ぜて、夢二の世界にひたりました。
Img007_476x800

Img006_668x800



意外と猫の絵をたくさん描いていて
それを集めた絵葉書が売っていたので
買ってきました。
その中のひとつです。




















帰ってきて、末娘に「竹久夢二って、知らんで?」と聞いたら「知らん」・・・
母が、熱くなって語ってるのに、あっさりしたもんです(-_-;)ホッ
娘は20代半ばですが、知らんのかなあ?
Mさんも知らんから、しゃあないかあ

美術館を出て橋を渡ると広大な日本庭園「後楽園」です。
およそ300年前に岡山城の庭として作られたそうで、
水戸の「偕楽園」金沢の「兼六園」に並ぶ日本三名園のひとつ。
たくさんの人が、訪れていました。

Dscf0199_800x312_3   

本当に広い
庭園内に、川が流れて湖にも似せたような大小の池があって、
稲穂が実る田圃に茶畑まであるからおもしろい


Dscf0195_800x600


上は、たんぼ。下は茶畑

Dscf0200_800x600

Dscf0197_800x600
            我関せず。。。。気持ち良さそうに寝てました。



Dscf0173_800x600
岡山城が右手に、左手に遠くの山・・・ですが、分かりにくいかなあ

         Dscf0177_800x600_2
Dscf0181_600x800

    
   Dscf0180_800x600

ここでも「借景」を取り入れて園外のお城や山が
庭の一部のように見えなおさら広く見えました。

近いうちに大原美術館に行ってみたいなあ




                                         car

より以前の記事一覧