« 水彩画練習中 | トップページ | バロさんは15歳 »

2017年4月 8日 (土)

鬼が岩屋・・・という山へ

もう半月以上前の話になってしまいました。
咲いてなかった桜が、見頃です。
でも雨。せっかくの桜が散ってしまいそうです。

さて「鬼が岩屋」という山に登ってきました。
すごい名前です。
牟岐町と美波町の境に位置して
地元の人々から親しまれている山です。
頂上付近は、巨岩がごろごろみたいな感じ


一度登りたいと以前から、Mさんを誘っていました。
ところが、予定がないから「今から行こう」って
ちょっとその辺りに散歩に行くみたいにいきなり
何の用意もしてなくて、ホンマそこら辺を散歩するみたいな
格好で山に向かうことになってしまいました。
(行こうって言ってくれた時に行かんと、なかなかやから(^_^;))

Dscf1241jpg_20173_2_800x600

登山口は、自宅から車で10分ほどの所
今は閉鎖されている鬼が岩屋温泉から少しわき道を
行った所です。
標高は、450m(眉山より高いw(゚o゚)w)
さほど高い山ではないので大丈夫だろうと・・・・
甘く見たら、あかんのですが

そこからの登山道は、傾斜は割ときついけど
歩きやすい道でした。

Dscf1241jpg_20173_8_800x600


↓こんな感じで、大きな岩がごろごろ

Dscf1259_2


Dscf1241jpg_20173_16_800x600


大きな岩があって、そこを上ると頂上

Dscf1241jpg_20173_20_600x800

岩の上に登るといっきに視界が開け、足元は切り立って
こわ~~~
20人位は、上がれそうな広さがある巨岩です。
Dscf1241jpg_20173_22_800x600


↓この日は、曇りで見晴らしは良くないですが、お天気が良ければ
室戸岬まで、見えるようです。
かすかに、見えてるのがそうかな?
Dscf1241jpg_20173_26_800x600




さて、下りです。
帰りは、来た道じゃなくて、反対側に降りることにしました。
行程は、登りの倍くらい・・・と、言っても大した距離では
ない

とにかく急峻なとでもいうのでしょうか
ずっとロープが張られてて、それにすがって
私など、お尻から降りて行きました。

↓この辺りは、まだマシ
Dscf1241jpg_20173_31_600x800



まあそれは良いんです。それよりも野生の気配に
慄きました。

道が、耕うんしたみたいに掘れ返ってて
その上乾燥してるので、踏み込むと
ざらざらと、すべって歩きにくいこと

Mさんに言わせると、これはイノシシが掘り返した跡らしい
ベテラン猟師の感は、鋭い
物音に耳をすませながら
「煙(土煙)がまだ残っとる。近くにおるなあ」
などと言い始めるし


げえ(@_@;) こんなとこで出くわしたくないし!
あとは、写真を撮ろうか・・・なんて、気持ちの
余裕も無くなり、イノシシの気配に神経をとがらせながらの
下山となりました。

やぶ椿がたくさん咲いてました。
その時の写真が無いので・・・(^_^;)

Dscf1243_800x600




全行程、約3時間半


次は、いつになるか分からないけど
Mさんの町の小学校の校歌にも出て来る山
鬼が岩屋より、もう少し高い五剣山に
登る予定です。





                                          cherryblossom

« 水彩画練習中 | トップページ | バロさんは15歳 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(^^)
オドロオドロシイ名の山ですね(笑)鬼の伝説でもあるのでしょうか?
頂上から太平洋が見えるとは! 頂上からの絶景をこの目で見てみたいです。
今年は事情があって恒例の三河行を決行してませんが、この時期三河地方でも多くの藪椿を見る事が出来ます。5月になったら三河の旅(日帰りですが)決行しようと思ってます。
イノシシ日本全国で数多く出没してますね。相方の実家付近でも親子連れを何度か見ました!! 天敵がいないからある程度駆除するのも仕方がないのかと思ってます。我が街でも出没注意の防災メールが来てます(^^ゞ

こんばんわ~
山登ったんやね。^^
岩のある山って面白いよねえ
私は好きやわ
下りは歩きにくかったようで、やっぱり低い山でもトレッキングシューズのような底のしっかりした靴と
ストックがあるとずいぶん違うよ。
いつでも行けるようにMさんちに置いておくのもいいかも。
イノシシの掘った跡や 鹿の糞やらは やっぱりよく見るわ。
リュックに鈴つけてます。
鬼が出てきそうな名前やなぁ^^
五剣山はきいたことある、高校時代に登ったかも?
楽しみやねえ
私は先月は孫が熱出して登れんかったから 今月は行きたいわあ

★saganhamaさんへ
こんにちは(^o^)丿

巨石、巨岩がゴロゴロしているような山に「鬼」がつく名前が多いようです。
確かに、ここも大きな岩がゴロゴロしてます。
それと、人食いヒヒの伝説があるとか(@_@;) やっぱりちょっと怖いですね^^;

三河日帰りは、きつそうですね。でもそんな年もあります。またゆっくり行ける年もありますよね。

イノシシですが、畑を荒らされて大変でしたが、最近そういう話をあまり聞かなくなりました。
本来は、猟期があってその間だけ猟が出来ていたのを、あまり被害が多いので
駆除ということで一年中猟をしてます。その効果だろうと思います。
こうやって、お山でひっそり暮らしてくれるとありがたいのですが・・・・
イノシシ シカ さると全国で頭悩ましてますね

★かすみさんへ
こんにちは(^o^)丿

はあい(^^)/ 登ったよ~
でも スニーカーで、昼ごはんの片付け終わったとこみたいな恰好で・・・(・.・;)
大きな岩がゴロゴロしてると、変化があって面白いかもしれんね
鬼じゃなくて、ヒヒ猿の伝説やって。。。なんでヒヒなん?って感じやけど
へえ~ 京都の山もおんなじなんや 
そうやなあ 鈴つけるわ ストック無いからそこら辺の木の棒使ったけど
少しずつ道具そろえて、車に積んどこうかな

かすみさんが高校時代に上った「五剣山」は、たぶん香川の八栗寺がある五剣山だと思うよ
牟岐のは、そんな有名じゃないもん  でも標高は倍 登りがいありそう^^

お孫ちゃんが熱出してもたんや 小さいときは、ちょくちょくあるもんね
しゃあない^^ 今月は行けるよ。

アップダウンもきつそうだし、イノシシですか!?
素晴らしい自然ですね。
バイクにも乗ってほしいです!!

★かんじゃさんへ
こんばんは(^o^)丿

イノシシは、へたすると向ってくるので怖いです。
自然が豊富・・・それだけです(^u^)
バイクは、通勤に乗ってるだけに今は、なっています。
もう少し温かくなったら、近場でもとは、思ってます。

宇和島には1000mちょっとの鬼が城という山があります。
冬には時々雪でしろくなります。高校時代、午後の授業を抜けて、近くの山に登っていました。
北北西の方向から飛んでくる雲の編隊を見るためでした。
身近に気軽に行ける山があるっていいですよね。

こんばんは。

山登りは体幹にいいですね。
それにしてもちょっと傾斜がきつくないですか?
見た目よりきつそうです。
それにしても四国らしい山のような気がします。
鬼が岩、魅惑のある名前ですね。。。

hiro

★asoboさんへ
お返事が、とっても遅くなってごめんなさん(・.・;)

雲の編隊・・・どんな雲なんだろう? 見てみたいです。
1000m近い標高だと、眺めも良いでしょう。南予の方は、割と積雪が多いですよね
何でかなあ?って、思ってたんですけど、標高の高い山があるんですね
宇和島に牛鬼祭りっていうのがありませんか?徳島の県南にも牛鬼伝説の地とかってあるんですよ
その土地とちに残された伝説や由来って、なんか不思議です。
四国は、山深いところです。

★hiroさんへ
おはようございます(^o^)丿

そうなんです。行はよいよい帰りは・・・って、かんじで傾斜がかなりきつくて
半分くらいロープが張られてました。
山に登るって、結構きついですけど、それがまた楽しくて(^^ゞ
ヒヒ猿の伝説から、ついた名前らしいですけど、こんな所になぜ「ヒヒ猿?」って
よう分かりません(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1883352/70013298

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼が岩屋・・・という山へ:

« 水彩画練習中 | トップページ | バロさんは15歳 »