« 瀬戸内国際芸術祭 秋 その3 | トップページ | こんなになっちゃった~  の、つづき »

2016年11月19日 (土)

瀬戸内国際芸術祭 秋 今度こそ終わり

観音寺市の沖合に浮かぶ伊吹島に、日を改めて日帰りで行ってきました。
伊吹島は、「いりこと猫の島」。
いりこ・・・徳島もそうですが、このあたりでは、煮干しのことをそう呼びます。
いりこの生産が盛んで、質が良いそうです。

そして歩いていると、どこからともなく可愛い猫さんが、顔を見せてくれます。
家族みたい

Pb033746_800x600


巡る道は、ほとんど細い迷路のような坂道です。
↓この原付バイクの数。ちょっと半端無いです。ここだけじゃないんです。あちこちに原付バイクが置いてあって、なんせ坂道だから、自転車はとうてい無理。ということで
原付が島の人たちの足になっているようです。
もう自転車のごとく狭い曲がりくねった坂道をブンブンと走ってるんです。
内緒ですけど、ノーヘルだったり
びっくりです。まあ おおらかというかcoldsweats01

Pb033761_800x600

こんな坂道が続きます。甍の向こうに広がる海です。
Pb033751_800x600

(作品)カラフルなのは、手作りのウキです。島の人たちと小中学生が作ったそうで
約6万個だそうですeyesweat02
他に漁網やいりこを干すせいろ?なども使われています。
Pb033734_800x600

作品)廃校になった小学校の園庭に設置された「トイレの家」
実際に使えるトイレもあるし、使えないトイレもある
ん・・・・ようわからん

Pb033730_800x600

廃校になった島の学校では、二宮さんは、健在です。

Pb033731_600x800

作品)そばの竹藪から切り出した竹といりこを干すせいろ?で作られている
パラボラアンテナのようなもの

Pb033759_800x600
どの島でもそうですが、アーティストの皆さんは、島の人たちとの交流や
島の特徴をベースにアートを展開していました。
だから訪れる私たちも島の良さや抱えてる問題、島に住む人たちのことを身近に感じることが出来たと思います。

↓歓迎の大漁旗
Pb033762_800x600

↓豆粒のようにしか見えませんが、これ全部カモメです。船のヘリにも止まってます。
何千羽?もっと?とにかくものすごい数のカモメでした。
Pb033766_800x600


島の港を船が動き出すと、スタッフ(島の人たち)の人たちが、手を振って大きな声で口々に別れの言葉を叫んでくれます。見えなくなるまで手を振って・・・・同じ船に乗ってた誰かが、ぽつりっと「なんか、田舎に帰ってたみたいやなあ・・・」


今度瀬戸芸が開催されるのは、3年後です。たくさん見て回ったように思ったけど、約200の作品のうち3分の1も見れなかったです。行けなかった場所もあります。
3年後また行けたら「行こな」って、娘が言ってくれました。また行けたら良いな


帰り道にちょっと寄り道
観音寺市琴弾公園から見る「寛永通宝」銭形です。

Img_3042_800x600






                                     完

« 瀬戸内国際芸術祭 秋 その3 | トップページ | こんなになっちゃった~  の、つづき »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ことさん
いろいろ ことさん目線の写真感想を見せてくれてありがとう〜。
ここに居ながら 感じられるのは嬉しいわ。

猫やカモメが多いんは食べる魚も多いんやろな。
のんびりしとう^^
3年に一度でも続けるのは 大変で頑張らなできんけど、続けてほしいね。

今晩は(^^)
過疎地は過疎地になりに色々と頑張ってるんだから、中央にいる役人や政治家にもそれを理解して、活性化の施策を実行して欲しいなと思いますよ。私の現在の生活環境では実現は不可能に近いですが、島での生活をしたいと言う希望は捨ててません(^O^) 三河湾に浮かぶ佐久島も芸術で島の活性化と言う活動をしてました。それでも、人口は減少していくばかりだそうです。
煮干しの事をいりこって私の郷里佐賀でも言いますよ。なので、煮干しよりもいりこの方がピンとくるって感じです。
3年後に少しでもそれぞれの島の人口が増えてれば良いですね。ことさんの3年後のレポも待ってますよ。

★かすみさんへ

あれだけ大掛かりだと、毎年は大変だろうな 3年に一度でちょうど良いかもって思います。
頑張って、続けてほしいね
かすみさんももし行けそうやったら、3年後訪れてみてください。

すごいカモメの数で、遠くてうまく写真に収められなかったんやけど
イワシをたくさん水揚げするからやろね
猫と島は、セットみたい^^ どの島にも猫さんたちがいました。
思い出深い旅になりました。

★saganhamaさんへ
こんばんは(^o^)丿

こういう離島とか過疎の村とか、ほんと不便なんですよね。病院とか交通、買い物 散髪とか・・・
人口が増えれば改善される部分もあるかもしれないけど、悪循環だなあって思います。
ベネッセとか三菱重工とかある直島でも地元の人が、人口減ってるって言ってましたね
今回の瀬戸芸で増えた所もあるみたいですよ ちなみにそれは男木島。
ちょっと希望ですね。
佐賀の方でも「いりこ」って、言うんですか)^o^( へえ~そうなんですかあ
hamaさんの希望、叶うと良いですねえ  3年後また瀬戸芸のレポートが出来ると良いなあって思ってます。

いいなぁ。
瀬戸内の島々がとても恋しくなりました。
3年後、ぼくも行ってみたくなりました。

★asoboさんへ
(^o^)丿

はい!! ぜひぜひ訪れてみてください。
ほのぼのとさせてくれたり、切なくなったり。。。のんびりと歩いて巡るのも良いし
島々を船で巡るのも良いです。
私も、今回行けなかった所、もう一度訪れてみたいと所があるので、
3年後、また行けたら良いなあって思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1883352/68484916

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内国際芸術祭 秋 今度こそ終わり:

« 瀬戸内国際芸術祭 秋 その3 | トップページ | こんなになっちゃった~  の、つづき »