« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月20日 (火)

瀬戸内国際芸術祭 in夏 その2




再び船に乗って、すぐ隣の
女木島に、渡りました。
この時点で、かなり蒸し暑さに
まいってました。

写真を撮る気力もあまり無く(^^ゞ
アップする用に選んだ写真が3枚しか
無かった(^_^;)


海に面した所は、ずっとこうした石垣で
覆われています。
かなり海からの風が強いそうで
その風から、家屋などを守るためだそうです。

この入口に門番の鬼が居てそう)^o^(

13jpg_2
女木島を訪れたのは、実は2度目。
初めて訪れたのは、40数年前。
10代の頃、一人旅で・・・あんまり覚えてません。



山の中腹に洞窟があって、昔むかし、そのむかし
ここに鬼が住んでいたという伝説が
ある島です。別名「鬼が島」
その洞窟は、今も健在のようでしたが
今回は、訪れませんでした。
気力と時間が無かったので(^_^;)


12jpg_2
「段々の風」
陶のブロックを積み上げたものです。
この場所は、元々段々畑があった所、女木島の
家並みとその向こうに高松市が見えます。

19jpg_2

港周辺に並んだ無数のカモメ
「カモメの駐車場」
風が吹くと一斉に向きを変えます。

他にもたくさん作品があって、
ずっと見て歩きました。
が、とにかく疲れてました。


そして、いったん高松港に帰り
予約していたホテルで一泊。
翌日は、念願の直島です!(^^)!






                                  typhoon

2016年9月18日 (日)

瀬戸内国際芸術祭 in夏

行ってきました。
瀬戸内国際芸術祭、夏の部

一泊で、男木島~女木島~直島と
巡ってきました。


台風の接近でお天気が危ぶまれたんですが、
両日ともお天気まあまあで
雨にも会いませんでした。


が、蒸し暑くて蒸し暑くて(>_<)
歩いて回るのですが、二日目は
もうしんどくて、体力の衰えを
感じてしまった二日間でした。

さて、一日目
まず高松港の目と鼻の先にある
男木島から


Photo
高松港を出発。
この港で、いつも感じるのは、
ちょっとした空港のターミナルのような雰囲気。
それもそのはず、
調べると、旅客数や入港船舶の数とか全国2位。
日本屈指の港だと書かれていました。
ほお~~(@_@;)

29jpg

男木島です。
この島は、平らな所が少なくて、
道は↓のような坂道。

12jpg

若い者でもきつい^^;

港に入るとまず目に入るのが
「男木島の魂」と名付けられた
島の案内所↓

11jpg

↓ガラスのボトルに島の人々の思い出の
品を入れて灯りをつけています。
「記憶のボトル」

Jpg

↓小さくてわかりづらいですが、
「歩く方舟」歩いて海を渡ろうとしているらしい


3jpg

13jpg 「オルガン」
体験型アート

19jpg ここで昼食

26jpg涼しげで
きれいだった、ビーチグラスのモビール。

4jpg
これは、作品ではないですが、アートっぽい。

24jpg

きれいな色です。これは展示物以外のものですが
香川の庵治石という石を原料にして作ったものだそうです。




今回は、男木島だけになってしまいました。
次は、女木島を紹介します。

2016年9月 5日 (月)

川にエイ

朝晩の気温がいっきに10°C程下がった日

いつもの散歩コース

Img_2874_800x600

川沿いの土手から、川をのぞくと、

なんとなんと、そこにエイが泳いでいるではないですかあ!!

Img_2891_800x600

エイの親子かな?

少し離れた所で、赤ちゃんエイも見かけました。

手のひら位の大きさで、かわいかったなあ

下から見上げているみたいです。


Img_2894_800x600

河口から3km位上流になると思うけど汽水域なので

ボラやクラゲも見かけます。

他の魚達もこの日は、いやに動きが活発で、川は大にぎわいでした

気持ちの良い水温になったのかな?

これまで暑すぎたからね

先日、瀬戸内国際芸術祭(夏期)に行ってきました。

おいおい、また記事にします。

                           fish

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »