« 瀬戸内国際芸術祭 in夏 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 夏の部 その3 »

2016年9月20日 (火)

瀬戸内国際芸術祭 in夏 その2




再び船に乗って、すぐ隣の
女木島に、渡りました。
この時点で、かなり蒸し暑さに
まいってました。

写真を撮る気力もあまり無く(^^ゞ
アップする用に選んだ写真が3枚しか
無かった(^_^;)


海に面した所は、ずっとこうした石垣で
覆われています。
かなり海からの風が強いそうで
その風から、家屋などを守るためだそうです。

この入口に門番の鬼が居てそう)^o^(

13jpg_2
女木島を訪れたのは、実は2度目。
初めて訪れたのは、40数年前。
10代の頃、一人旅で・・・あんまり覚えてません。



山の中腹に洞窟があって、昔むかし、そのむかし
ここに鬼が住んでいたという伝説が
ある島です。別名「鬼が島」
その洞窟は、今も健在のようでしたが
今回は、訪れませんでした。
気力と時間が無かったので(^_^;)


12jpg_2
「段々の風」
陶のブロックを積み上げたものです。
この場所は、元々段々畑があった所、女木島の
家並みとその向こうに高松市が見えます。

19jpg_2

港周辺に並んだ無数のカモメ
「カモメの駐車場」
風が吹くと一斉に向きを変えます。

他にもたくさん作品があって、
ずっと見て歩きました。
が、とにかく疲れてました。


そして、いったん高松港に帰り
予約していたホテルで一泊。
翌日は、念願の直島です!(^^)!






                                  typhoon

« 瀬戸内国際芸術祭 in夏 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 夏の部 その3 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

瀬戸内と言っても風が強いんやなぁ
女木島に鬼が住んでたってか!?(笑)
なんか映画の撮影に良さそうやわあ

暑さでお疲れやったんか
寝て仕切り直しやな^ ^

そういえば今回の台風は徳島市内でも
大水が出たんやな。
京都は大した事なかったわ。

★かすみさんへ
こんばんは(^o^)丿

なんか冬の季節風がかなり強いらしいです。
女木島には、大きな洞窟があってな、鬼が住んでたんよ(笑)
桃太郎伝説と関係があるんちゃうかなあ
向かいの岡山には、桃太郎がおったみたいやし^^

年やなあ(>_<) 蒸し暑さに参ってしまって


台風の方は、京都大したこと無くて良かったなあ
すっごい風で、怖かったあ
Mさんちの庭の木、背丈ぐらいのが2本根元からぽっきり
折れてしまって・・・(@_@;)
徳島市周辺は、あちこちで冠水したり浸水したり
でも人の被害が少なかったから、まだマシかなあ?
昔の台風と違うもんねえ

一斉に向きを変えるかもめっ!
見てみたい!!

★かんじゃさんへ
こんばんは(^o^)丿

港の建物や防波堤やら、カモメが大量に並んでます。
意外と違和感が無いんです。

こんばんは。

失礼かもしれないですが、このような穏やかなところでのんびりと一日を過ごしたいです。
人混みが苦手な私にはとても魅力的です。
元気がないのは、私もです。
秋口や、春先はダメですね・・・
動悸や汗・・・
マイナス思考、でもこれも今では季節行事になりました。
のんびりしたり、時には100mをダッシュして汗をかいたり、5キロくらい走ったり・・・
やりたい時に好きなことをしましょう!
でも100mダッシュ、一日1回、汗をかくとちょっと違いますよ。
時に助けてもらいましょう。。。

hiro

★hiroさんへ
おはようございます(^o^)丿

ありがとうございます。とにかく体力の衰えを感じる今日この頃?(^_^;)
今回の旅は、蒸し暑さに参ってしまいました。数年前ならどうって事無かったのにって
思ってしまいます。
hiroさんは、体調面で今、ちょっと辛い時期かもしれませんね。
きっと気が付いたら、ウソみたいに軽くなってるんじゃないかなって思います。
私も波がある方なので、沈んでいる時は、無理をしないようにしています。

島・・・特に小さな島は、どっかノスタルジックで時間の流れが、ゆったりと感じます。
そこで住み生活するとなるとどうなのかな?って思いますが
(もしかしたら、良かったりするかも)一日のんびりするのは、ほんと良いですよ

こんばんは(^^)
女木島は鬼が島でしたか!岡山から桃太郎が鬼退治に行った島なのかも知れませんね。
写真で見る限り高松市とは目と鼻の先って感じですが、それでも人口の減少は進んでるんでしょうか?
限られた範囲での島生活は歳を重ねた者にはちょうど良い生活空間のような気がします。三河湾の佐久島に行った時にもそのように思いました。
カモメの駐車場はそこにも有りましたよ(^-^) 風が吹くと一斉に同じ方向を向いてました。佐久島も現代アートの島として島おこしをやってます。

★sagannhamaさんへ
こんばんは(^o^)丿

たぶん、桃太郎が鬼退治に行ったんだと思います。
人口はやはり減っているように感じました。「段々の風」がある所は、
もともと段畑だったところだそうです。もう耕す人がいなくなって
荒れ地になってた所を整地して、陶器のブロックを置いたそうです。

島は、ゆったりと静かに時が流れているように思います。癒されますね。
車がビュンビュン走る訳でもないし、喧騒もありません。
三河湾にも、アートの島があるんですね。カモメの駐車場もあるんですか(@_@;)
多分、同じ人の作品なんでしょうね。

今、直島のことを記事にしてアップしようとしている所です。なかなかできなくて・・・・・(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1883352/67579533

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内国際芸術祭 in夏 その2:

« 瀬戸内国際芸術祭 in夏 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 夏の部 その3 »