« 鮎を釣った | トップページ | 孫たちの運動会 »

2015年10月15日 (木)

赤松神社奉納吹筒花火

ちょうど今は、秋祭りの時期です。
地域の守り神では、のぼり旗が、いくつも
はためいて、人々が神輿を引いて行くのに
出会います。

Img_1980_800x600




徳島県の美波町赤松という所で、
奉納花火があるというので、Mさんや
Mさんのお母さんたちと見に行きました。

地元紙で、見た記憶がうっすらあったけど
詳しいことは、知りませんでしたが
とにかく凄かったです。

Img_1983_800x582


Img_2052_800x600




10m位の高さまで、筒花火を持ち上げて
点火すると、凄まじい音とともに10数mまで吹き上がった
火花が、滝のように降り注ぎます。
その火花を浴びながら
地元の青年たちが、掛け声をかけながら
ぐるぐると回ります。

Img_2022_800x600




たくさん火花が出るほど良いそうです。
たまにうまく火花が出ずに、炸裂して
観客の方まで、火花が飛んできて、大慌て
結構、スリリングです。

Img_2046_800x600
↑これは、神輿花火。小さな筒花火が4本。激しく火花が噴出しています。



この花火が始まったのは、江戸時代後期だそうです。
この伝統をずっと受け継いできたというのは
これもまた、すごいことです。


ちょっとした「奇祭」と言えそうです。


最後に、動画をアップしますね。3分弱 ちょっと長めなので
端折って、見てください。

« 鮎を釣った | トップページ | 孫たちの運動会 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

地域の祭りって減少傾向なんだってね。
古いものが残って行く社会のほうが良いな。

('-'*)オハヨ♪ございます。
亀さんの日和佐にこんなお祭りがあるんですね!! 三河地方の手筒花火とは違って高く持ち上げて点火するから火の粉が滝の様に落ちてきて迫力がありますね。火の粉が出てる時間が手筒よりも長いから大きさもかなりのもんでしょう。
「できたん、どしたん」の掛け声とともに、火の粉をかぶりながら走り回り、 来年の豊作や家内安全を祈願するとHPに記載されてました。

ごっついなあ〜〜
火の粉がザーザー言うて降ってる
というか火の滝やなあ
迫力あるわー見てみたいなぁ
こんなん知らんかったわ
ニュースでも見たことない

勝浦でも まだ秋祭りに花火が上がってるけど
子供の頃に お宮さんに行って
頭上の空一面に花火が広がって
パラパラ火の粉が落ちてくるのが今でも忘れられません。

★かんじゃさんへ
こんばんは(^o^)丿

地方は、どんどん高齢化してます。
だから行事は、規模が縮小されて行って、そのうち無くなる・・・
祭りをする人が、いませんから仕方ないですね
淋しいけど

★saannhamaさんへ
こんばんは(^o^)丿

HP、検索してくれたんですね^^あがとうござます。
10組ほどのグループ(組)から、火薬のつめ方や配合を工夫して作ったものを
持ってくるようです。なので、微妙に色や火花の量とかが違います。
掛け声は、ずっと「えっさ ほいさ」って、言ってると思ってましたし
そう聞こえるんです。後の方で、「できたん どしたん」だとわかりました。
どうしてそんな掛け声なのか???(^_^;) 
徳島県南は、漁師町だからでしょうか?豪快な祭りが多いです。
神輿を担いだまま海に入っていったり、大きな船型の神輿を勢いよく引き回したり
阿波踊りが、目立ち過ぎて影が薄くなってます(^_^;)

★かすみさんへ
こんばんは(^o^)丿

すごかったよ~~
生で見たのは、初めて。こんなに迫力がある祭りとは
知らんかったワ 今は、ここがいちばん規模が大きいけど
以前は、日和佐~那賀にかけて、火祭りをするとこが点在してたみたいです。

勝浦で、この時期に打ち上げ花火があるんやってね
職場の同僚が「知ってる人少ないから、ゆっくり観れるよ」って、教えてくれたんやけど
その時は、Mさんちに居るから、観に行けんのよね(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1883352/62035163

この記事へのトラックバック一覧です: 赤松神社奉納吹筒花火:

« 鮎を釣った | トップページ | 孫たちの運動会 »