« 孫たちの運動会 | トップページ | 今年も文化の集いで »

2014年10月21日 (火)

ごとまつくん

その存在は、Mさんから聞いて知っていたのですが
出会いは、突然にやってきました。

夜の闇の中、センサーライトに照らされて
何やら、石でもなく物でもない物が足下に
目を凝らすとそこにいたのは・・・

うっわ!!ごとまつくんだあ

うわうわうわうわ かわいい!!
(カエルが、嫌いな人、ごめんなさい)

Img_1278_600x800

ごとまつくんは、少し前から、
Mさんちの庭の片隅をねぐらにしているらしく、
夜になると、出てきて灯りに群がる虫を
捕っているようです。。

このカエルは、「ひきがえる」とか「ガマガエル」の
名で知られていますが、
Mさんの地域では、「ごとまつ」と呼んでいるそうです。
同じ、徳島なのに、
こんな呼び名は、初めて聞きました。
昔話に出てくる坊やみたい^^

このごとまつくんは、今はまだ殿様ガエルより一回り
大きいぐらいなので、まだまだ大きくなるのかな?
Img_1282_800x600




アマガエルのようにピョンピョン跳ねずに、
のそのそと這うって感じで動きます。
なんともゆる~い感じ
調べると、古い家の庭の片隅に住み着いていることが
多く、人に慣れると、逃げないそうです。
ちなみに、毒があるので、触っちゃだめです。

私が、「かわいい~っ」って言うと
これから、大きくなるごとまつくんを想像して
Mさんは、「気味が悪い」と言います。



「かわいい」と言ったり、会うのを楽しみに
してる私は、変???

« 孫たちの運動会 | トップページ | 今年も文化の集いで »

出来事」カテゴリの記事

コメント

ごとまつくん!
その呼び方なかなか親しみが湧くよ。
住所は変えずに家族が出来ても住み着くのかなあ?
ヒキガエルってグリム 童話に出てくるでしょ!?
実は王子様やったよなあ
夢があるw

★かすみさんへ
こんばんは(^o^)丿

きっとね 昔っから身近な存在だったと思うよ
人の生活の範囲の中に常に居たんやろね。
だから、こんな親しみの湧く呼び名が付いたんじゃないかなって・・・
勝手な解釈だけど
家族が出来たら、どうするんだろ?
「よく井戸のそばなんかにおったなあ」なんて、話も聞きました。
そう言えばあったね カエルになった王子様の話
魔法をかけられたんだっけ・・・詳しい内容は忘れたけど(^^ゞ

昔、居酒屋で食べたことあるけど、このカエル君なのだろうか?

( ̄▽ ̄)

あ、かんじゃです^ ^

★かんじゃさんへ
こんばんは(^o^)丿

このカエルは、食べないと思いますよ
かんじゃさんが、食べたのは、たぶん「食用ガエル」
モウモウって、鳴くやつです(^v^)

こんばんは(^^)
今はいませんが、引っ越して来た頃に何故かでかい蛙が住んでたので、同じ種類の蛙かも!? 木の影に成る部分の落ち葉の下なんかにいましたね。水辺でもないのに何で蛙と思いましたよ。
可愛いとはチョット表現できないデカさでした(笑)

★sagannhamaさんへ
こんばんは(^o^)丿

きっとhamaさんのおうちに、居たのも同じカエルだったかもしれませんね。
大きいのが、居たんですねえ^^
ごとまつくんも出没する所には、水は無いです。
昼間、どこで寝てるんだろうって、探すんですが、よくわかりません。
今は、トノサマガエルの倍ぐらいの大きさです。
もうそろそろ冬眠の時期です。

こんばんは。

ごとまつくん・・
何かなと思いました。
私も先日公園で見たんですよ。
動かないからわかりにくかったですが・・・
冬に備えて体力を温存しているのでしょうね。。。

hiro

★hiroさんへ
こんばんは(^o^)丿

お返事が、遅くなってしまいました(^^ゞ

同じ、徳島なんですが、ガマガエルの呼び名で
ゴトマツは、私もはじめて聞きました。
もうそろそろ冬眠の時期です。
アマガエルのように、ピョンピョンと跳ねないそうですよ
のそのそと歩きます。何とものんびりしたカエルさんです^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1883352/57747747

この記事へのトラックバック一覧です: ごとまつくん:

« 孫たちの運動会 | トップページ | 今年も文化の集いで »