« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

白いって特別?

白いタンポポを見つけました。
珍しいです。
見つけたのは、少し前のことです。

調べてみると、「シロバナタンポポ」といって、
西日本一帯に、自生する在来種とのこと
地域によっては、けっして珍しいものでは、ないらしい

Img_0837_627x800



ところで「白い○○」って、特別な感じ、しませんか?
貴重なもののように思ってしまいます。

白いレンゲ草とか白いスミレ
白いツユクサ、白い彼岸花・・・・

白いハトに白蛇、白いトラ 白い馬・・・^^



やっぱりタンポポは、黄色の方が、良いかな




                                    sun

2014年5月24日 (土)

同窓会に参加  バイクで行ったけど・・・

ここの所、仕事の方が忙しくて
なかなかブログを更新するところまでいきません。
前回から、いつのまにか一か月が過ぎてしまった(・_・;)

先日、同窓会が長野であって、行ってきました。
五月ということもあって、気候も良いからと思って、
バイクで行ったんですが、もうもう大変でした。
とにかく風が強くて、風に煽られないかと、かなり怖い思いをしました。

昨年、九州に行ったときも風が強かったし、ここのとこ風に翻弄されてます。
一日目は、朝七時に自宅を出発。
明石大橋では、さほど風も強くなく、無事通過。



大阪~京都とはしり、中央道に入った辺りから、
風が強まって、長野道に入るとますます風の勢いが増して、
とうとう予定のICより、ずっとずっと手前のICで、降りて
下道で、向かうことにしました。
そんなわけで、予定よりだいぶ遅れて他のメンバーと合流しました。

中央道に入ったところで、前方に残雪をかぶった峰々が見えて
「おーっ!!」って、感じで、徳島では、見慣れない風景に感動
中央アルプスか?
Photo


Photo_4   

ホテルの窓から雪を残した常念岳?が、見える
Photo_5

二日目は、信州そばをお昼に食べて、「無言館」という戦没画学生の遺作を
展示した美術館を訪ねました。
胸が詰まってしまいます。二度と二度とあの忌まわしい戦争は、
繰り返しては、いけない
Photo_6


Photo_7

長野は、この時が、春爛漫。四国からひと月ほど遅い春の訪れです。
とてもキラキラしている印象を受けました。
やはり、厳しい冬の季節から待ちに待った春だからかな・・・なんて、
咲き誇る花々や淡い新緑を眺めながら、思いました。



↓未完の塔だそうです。前山寺の三重の塔。重要文化財
Photo_8

         
    お昼ご飯の信州そば・・・お腹イ~~ッパイになりました。

Photo_9


Photo_10

  

      タンポポとヒメオドリコソウ
      徳島では、オドリコソウは、観られないので、出会ってちょっとうれしかった。
Photo_11

    ↓穂高駅にて

Photo_16 
その日の宿は、別所温泉
由緒正しい旅館です。有形文化財だとか・・・
普段はYHやテントの私なので、ちょっとビビり気味


Photo_12


Photo_13


  旅館の正面玄関脇に、古ぼけたワタクシのバイクが・・・ うっ 恥ずかしいcoldsweats01
Photo_14
三日目、再び元気に再会できることを約束して、みんなと別れ
ひとり走り始めたんですが、
来る時より、風が強い強い 
高速を走る自信が無いので、国道をひたすら名古屋方面に向けて
走るのですが、下道でも時折、突風が吹くし、恐ろしい
まともに走れず、のろのろ走り

こんな調子では、徳島にその日のうちに帰りつけないもしれない
でも翌日は、仕事だし、とにかく帰りたい
きれいな景色を眺めながら、気持ち良く走るなんて、とんでもなくて
もちろん写真など撮る余裕もありません。


長野を過ぎる辺りで、少し風がマシになったようなので
高速に上がりました。
バイクが、安定して走っていれば大丈夫と、肩の力を抜くと
少々の風には、ビビらなくなりました。

だけど、今度は雨も降りだして、京都に入る手前辺りから
本降りになり、風もやっぱり強め
高い塀というかガードが、ずっとあるので、まだマシで、助かりました。
そして明石大橋が、「横風強いため、二輪通行止め」の表示

仕方なく和歌山からフェリーで帰ることにしました。
風は、少しマシになったけど、雨は、弱まる様子もなくて、
視界不良。
前方を走る車のテールランプを必死に追っかけました。

和歌山市内で、雨と夜の闇で、ひとしきり道に迷って
やっと最終便に間に合いました。
そして、帰り着いた時には、夜の12時を数分過ぎていました。


翌朝、バイクを見ると、タイヤがぺったんこ!!(◎_◎;)
どこで、ひらったのか?ピカピカのねじ釘が、深々と
後輪ど真ん中にささっていました。
Photo_17
無事に帰ってこれたのが奇跡のような気がします。

                       お疲れさんでしたsweat02

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »