« 移ろい | トップページ | Runner's Knee? »

2013年10月 8日 (火)

岡山ミニ旅行

すっかりおなじみになってしまった瀬戸大橋です。

Dscf0169_800x578



Dscf0165_800x600


Dscf0163_800x600 与島PAからの眺めです。
車道の下を列車が走っているの
わかりますか?
















Mさんが日帰り出張で一人岡山に行くと言うので、ついていきました。
もちろんMさんが仕事をしている間は、ひとり別行動です。

時間的には、半日しかないのでその範囲で行けるところを探しました。
はじめは倉敷の大原美術館に行こうかと思っていたのですが、
地図に竹久夢二の美術館があるのを見つけ訪ねることにしました。

Dscf0170_800x600

竹久夢二の美術館は、後楽園の入り口すぐ近くにひっそりとありました。
観音開きの戸を押して入っていくと、夢二の生涯を紹介するビデオの
ナレーションと代表作「宵待草」の曲が流れていました。
普段の日とあってか、私以外には、だれも来訪者は無くて、
曲とナレーションの繰り返しが静けさを強調していました。

Img005_800x793
  入場券です。

ゆっくり、じっくり一つ一つ見て回りました。
どの作品も繊細ではかないような夢二独特の雰囲気。

夢二は、絵といっしょにたくさんの詩も残していて、
この日は、そういった作品をテーマに展示されてました。
大正ロマンも織り交ぜて、夢二の世界にひたりました。
Img007_476x800

Img006_668x800



意外と猫の絵をたくさん描いていて
それを集めた絵葉書が売っていたので
買ってきました。
その中のひとつです。




















帰ってきて、末娘に「竹久夢二って、知らんで?」と聞いたら「知らん」・・・
母が、熱くなって語ってるのに、あっさりしたもんです(-_-;)ホッ
娘は20代半ばですが、知らんのかなあ?
Mさんも知らんから、しゃあないかあ

美術館を出て橋を渡ると広大な日本庭園「後楽園」です。
およそ300年前に岡山城の庭として作られたそうで、
水戸の「偕楽園」金沢の「兼六園」に並ぶ日本三名園のひとつ。
たくさんの人が、訪れていました。

Dscf0199_800x312_3   

本当に広い
庭園内に、川が流れて湖にも似せたような大小の池があって、
稲穂が実る田圃に茶畑まであるからおもしろい


Dscf0195_800x600


上は、たんぼ。下は茶畑

Dscf0200_800x600

Dscf0197_800x600
            我関せず。。。。気持ち良さそうに寝てました。



Dscf0173_800x600
岡山城が右手に、左手に遠くの山・・・ですが、分かりにくいかなあ

         Dscf0177_800x600_2
Dscf0181_600x800

    
   Dscf0180_800x600

ここでも「借景」を取り入れて園外のお城や山が
庭の一部のように見えなおさら広く見えました。

近いうちに大原美術館に行ってみたいなあ




                                         car

« 移ろい | トップページ | Runner's Knee? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

夢二は若い子は知らんのやろか?
えーー!Mさんも知らんの!(笑)
感心の無いことは知らないのやわな
儚いようでほっこりする絵でもあるな
猫ちゃんとのええね。

お天気がよくて海の眺めの良いこと!
後楽園は広くて気持ちいいね
まだ一度も行ったことないわ

☆かすみさんへ
こんにちは(^o^)丿

若い子が知らんて言うのは、まあわかる気がするんやけど
Mさんも・・・しゃーないんよ(-_-;) 興味関心の対象が違うから

という私も詳しくは、知らんのよね
画に詩を添えてるのとか、猫の絵とか知らんかったから(^^ゞ

後楽園は、私も初めて行ったんやけど、ほんまだだっ広い
足が痛かったから、大変やったですよ
瀬戸内は、お天気が良くて、穏やかでした。

竹久夢二、名前は知らなくても絵は見たことあるんじゃないかなー。
こういう公園に行くと、昔の人の壮大さを感じるね!

こんにちは(^-^)
瀬戸大橋お天気が良いですね。
竹久夢二の名は知ってますが、詳しいことは知りません(^^ゞ
後楽園は日本庭園だと思ってたのですが、田んぼや茶畑があるんですね!! 日本三名園はまだ何処も行ってません。水戸の偕楽園なら行けそうだから行ってみようかなぁ~~。

☆かんじゃさんへ

そうでしょ どっかで聞き覚えがあったり見覚えがあると思うんですけどね
普段、どこにでもあるような景色の中で、過ごしたいというお殿様の
意向だそうです。すごいですね。

☆sagannhamaさんへ
こんばんは(^O^)

この日は、お天気が良くて、熱くて・・・・hamaさんに申し訳ない(^_^;)
竹久夢二の詳しいことは、私も知らないんですが
「夢二の美人画」といえば、結構有名で、名前とか画とかぐらいは、聞き覚えとか
見覚えがありますよね。
後楽園は、日本庭園なんですが、当時の藩主が日常的な風景の中で、くつろぎたいということで
田畑があったりして、田植え行事もあるらしいです。面白いですね。
ここは、私も初めて行きました。金沢の兼六園はずいぶん昔に行ったことがあるので
考えてみたら、3つのうち2つ行ったことになりました。
水戸は、遠くてなかなか行けそうにないので、hamaさん、もし行けたら^^

クルマで四国に帰るとき、
道に迷って牛窓にある竹下夢二の生家の前に出たことがあります。
岡山にも美術館があるのですね。
瀬戸大橋は岡山側のトンエルを抜けてから四国までぶっ飛ばします。
高所恐怖症なのでこわいのです。センターライン側を振るスロットル。四国まで10分かかりません。
橋が出来てベンリになったけど、橋に近づくほどにユーウツになります。

★asoboさんへ
こんばんは(^o^)丿

>道に迷って牛窓にある竹下夢二の生家の前に出たことがあります・・・
以前、asoboさんのブログの中で、書いてあったのを覚えています。
夢二の美術館を訪れる時に、ふとそのことが、頭をよぎりました。
生家の方は、分館になるようです。美術館から車で30分ほどだそうです。
生家にも行ってみたかったのですが、時間が無くてあきらめました。

asoboさんも高所恐怖症なんですか 結構重度ですね^^
私もですが、憂鬱になるほどでは、ありません。明石大橋だったら、asoboさんは
渡れないかもしれませんね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1883352/53526388

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山ミニ旅行:

« 移ろい | トップページ | Runner's Knee? »

フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30