« そろそろ初夏 | トップページ | 果実酒と氷砂糖 »

2013年5月 9日 (木)

かかしの里へ

ずいぶん前から、一度行ってみたいと思っていた

かかしの里へ行ってきました。

かかしの里は、剣山の登山口、見ノ越を過ぎて国道439号に

入って、しばらく行った所、名頃という小さな町にあります。

Dscf4547_759x800_2
    

今回は、メインルート(昔から、剣山に行くときは、この道)

貞光から国道438号を通って行きました。

メインルートと言っても、写真のような、きれいな道は少なくて、

対向するのにやっとだったり、急なヘアピンカーブが何か所もあったりします。

その点では、FTRは、とっても気楽に乗れて、楽しい^^



今回のルートです。↓

Photo

貞光から、しばらく行くと、「土釜」と呼ばれる景勝地があります。

今は、訪れる人もまばらで、遊歩道も荒れ気味でした。

だけど、その景観は、昔と変わらず迫力がありました。

Dscf4551_600x800
この日は、寒いと思って、真冬ほどではないけど、

それなりに厚着をしたつもりだったけど、予想以上に、寒かった

当たり前だけど、標高が上がるにつれて、寒さも厳しくなるし・・・

Dscf4557_800x600

見ノ越を過ぎて、国道439号に入って、しばらく行くと

奥祖谷 二重かずら橋が、あります。

ここも初めて、訪れます。



以前は、祖谷に13のかずら橋があって、生活道として使われていましたが、

今は、よく知られている西祖谷のかずら橋とここと、二か所だけになっている

そうです。

二重かずら橋は、男橋と女橋があります。

これは、男橋の方

Dscf4564_800x600

Dscf4569_800x600_2

Dscf4567_562x800

高所恐怖症の私は、しっかり橋にしがみつきながら、渡りました。




Dscf4574_800x600  

Dscf4575_800x600
















左は、「野猿」と言って、対岸に渡したロープをたぐって、谷を渡ります。

右は、キャンプ場

橋の下を流れるのは、祖谷川

Dscf4578_800x600_3

ここで、とうとう雨が、降りだしました。山の天気は、変わりやすいのです(>_<)






そしてやっと案山子の里へ

案山子??   人???

人かと思ったら案山子。     案山子かと思ったら人。

Dscf4597_800x600_2


思わず、「こんにちは~」なんて、言ってしまいそう・・・

Dscf4592_800x594_2

     Dscf4587_800x775_2                                           




















畑に蒔いた種を盗る鳥を追い払うために、リアルな案山子を作ったのが

最初だそうです。

今では、県内のいろんな地域に教えに行っているそうです。

Mさんの町にも、そういえば、フラメンコの案山子やダイバーの案山子が

居たっけ・・・・そのことを作者の女性に話すと、

やはり何度か教えに行ったそうです。



名頃の住民は40名余り。今では案山子の人口の方が多い町

誰かが「なんで、こないにようけ(たくさん)作ったんで?」と

聞いていました。

「たくさんの人に、ここに来てほしいからです」と、言われてました。

私にも「9月の中頃には、そばの花とコスモスが咲いてきれいなんですよ

ぜひ来てください」と



そう言われると、「これは、行かねば」と、思ってしまうワタクシ

今度は、そばの花が咲く頃に(^o^)丿



Dscf4594_800x600_2

 

« そろそろ初夏 | トップページ | 果実酒と氷砂糖 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^.^)
ツーリングするには気温の低い日がまだまだありますね。そんな中で案山子の里へ行かれたんですね。
NHKの小さな旅でみましたよ。案山子を作り始めた方が言われてましたが、村人が少なくなり少しでも賑やかな雰囲気に成ればと思って作ってるそうですね。
事情があって村を去った人や、亡くなられた方がモデルだとか!来てる服もご本人の物を使ってるそうで。。。
縁側に並んで案山子さんたちテレビで見た記憶があるので、ことさんが行かれた場所と同じだと思うんですが?
9月の様子楽しみにまってますよ。

かずら橋わたるには勇気がいりそうですね。私は高所恐怖症ではないけど、下を見ないで歩くことになりそう(~_~;)

☆sagannhamaさんへ
こんにちは(^o^)丿

今年は、いつまでも寒い日が、ありますね。案山子の里に行った日は、また格別でした。
NHKの「小さな旅」が、来てたんですね! それは、知りませんでした。
観たかったなあ・・・・
たぶん ここの案山子さんたちですよ こんなリアル案山子は、他には無いと思います。

>事情があって村を去った人や、亡くなられた方がモデルだとか!来てる服もご本人の物を使ってるそうで。。。

へえ~ そうなんですかあ!それは、知りませんでした。
今では、すっかり祖谷の観光スポットになっています。

かずら橋は、大丈夫なんですが、足元見てると、足を踏み外しそうな錯覚を起こすと思います。
9月に、ぜひ時間を作って、行ってみようと思います。

いじゃまします。いいブログですね。写真もホントに素敵!kotoさんのセンスが光ってます!

案山子、ずいぶんリアルで人だと思って近づいたらちょっとこわいかも。
かずら橋はこんなに透けて下が見えるんですね。ドキドキしますね~。でも、挑戦してみたいです(*^_^*)

こんばんわ~

かかしか人かほんま! わからんね
うまいこと作ってあるww
なんかさぁ、大分の耶馬溪に行ったときも こんな風に案山子がたくさん居って
楽しそうにしてるんよ^^
嬉しくなったわあ

かずら橋 二重の?
新緑に素敵やねぇ~~
腰引けながらでも渡ってみたいわ

バイクなら ここまで行けるんやなあ
あ~うらやましい

かずら橋にかかし~~!!行きたいなと思ったけど、FTRが要るんだ・・・。
僕のではいけないね^^
かずら橋に興味ありありです!

☆まるちゃんさんへ
コメント、ありがとうございます(^o^)丿 お返事が、遅くなってすみません(>__<)
ぜひ訪れて欲しいけど、遠いですよね

☆かすみさんへ
こんばんは(^o^)丿

大分の耶馬溪にも、案山子の里みたい所があるんや
去年、行こうと思ってたんやけど、台風来てあかんかった
今年は、行けるかなあ

二重かずら橋は、写真の男橋の、すぐ近くに少し短めの同じようなかずら橋(女橋)があるんよ
だから、「二重」の名が付いてるのかな?って、思うんやけど

土釜辺りまで、自転車集団と、会ったり離れたり
どこまで行ったんやろ   結構自転車も来てたよ きつい道なのにね

☆かんじゃさんへ
こんばんは(^o^)丿

かんじゃさんなら、大きなバイクでも楽々行けると思います。
私は、こんなくねくね急坂は、自分の力に見合ったFTR位が
気楽なんです(^O^)
機会があったら、ぜひ訪れてみて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1883352/51536070

この記事へのトラックバック一覧です: かかしの里へ:

« そろそろ初夏 | トップページ | 果実酒と氷砂糖 »