« 果実酒と氷砂糖 | トップページ | 梅がいっぱい »

2013年5月25日 (土)

庭に花

職場の同僚から、もらったスズラン

雑な植え方をしたのに、春になって芽が出た時は

ほんと、うれしくてブログにも記事をアップしたし、

同僚にも報告しました。

だけど、それから葉っぱは、順調に大きく茂るばかりで、

花らしきものは、いっこうに出てこない

もうそろそろ花の時期は終わりかな



Dscf4515_800x644



やっぱり雑な植えかたしたのが、あかんかったんかなあ・・・

花の育て方は、あんまり分かって無いけんね

来年に期待しよう



その傍らで、これも去年の秋に植えたビオラがず~~っと、

花を咲かせてくれている

スズランが咲かない分、頑張ってくれてるのかな?



Dscf4602_800x600

この春、ミニトマトも植えました。

どんどん大きくなっているけど、やっと一個だけ実をつけました。

花は、たくさん咲いてるので、

たぶん、そのうち実もたくさん生るでしょう・・・・



Dscf4634_800x600

最近、コスモスの苗をもらったので、植えたら、

季節はずれの花が、咲きました。

背が低い種類のコスモスです。

          Dscf4643

大した手入れもしない庭だけど、いつになく華やいでいます。

そして、植えた花達は、毎日違った表情を見せてくれます。

だから、最近庭を見るのが、楽しみなのです。



                                                                         

« 果実酒と氷砂糖 | トップページ | 梅がいっぱい »

出来事」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(^.^)
庭に花があると言うのは良いですね。我が家の狭い庭も今は花盛りですよ。パンジーとビオラが幅を利かせてますが、モミジの若葉も柔らかな緑色で庭を彩ってくれてます。
スズランと言えば北海道ってイメージがあったのですが、今は暖かい所でも見れるようになっていますね。それらはドイツスズランと言うそうで、純粋の日本産のスズランは東北、北海道でないと育たないようです。
相方は定年退職後、花の世話をするのが楽しみになってますよ。なので、私が手を出す余地はありません(^。^;)

育てた花が咲いてくれると
嬉しいし、なんか愛おしいわ
うちのビオラやパンジーはもうそろそろ終わりです。徒長してるし陽当たりが良すぎて暑過ぎ。
その土地や日当たり、風向きに合った植物があるよね。
すずらん来年は咲いてくれるといいね。
秋桜が咲いたん?^o^
もう一度秋に咲くかもしれんわ
実のなるものはまた楽しみだ。
ワイルドストロベリーが毎日5~10粒収穫できるので孫が保育園から帰ったら摘んで食べてるよ。
お庭の花たち、なんか楽しみというか癒されるえしょ

いいな。
こういう感性が僕にはありませんね^^

☆sagannhamaさんへ
お返事が、おそくなってしまいました(>_<)

ドイツスズラン・・・なんですか へえ~初めて知りました。
そうですよね スズランと言えば北国のイメージが、確かにあります。
この暖かい四国で、花が咲くって、ちょっと不思議には、思ってました。

keroちゃんは、きっときれいに、花を咲かせてるんでしょうね
ささやかな庭でも、季節の移り変わりを、感じることが出来ます。
なかなかちゃんと世話ができないけど、花が咲いたりすると、楽しいものですね。

☆かすみさんへ
こんばんは(^o^)丿

かすみさんは、丹精込めて、お花育てとるから、
花に対する思いも、特別やろね
そうでなくても、花が咲くと、うれしいなあ  狭い庭のあいてる所に
穴掘って、苗をぼそって入れて土かけて・・・みたいな雑な植え方でも
ちゃんと花を咲かせてくれるんやもんね
そうやねえ 癒されるね  ぼ~っと、小さな庭を眺めてる時があるもん

来年は、スズラン咲いてくれるかな
コスモスは、また蕾がふくらんでるんよ^^  ミニトマトもあれから小さな実が、ふたつ
ついてるんを見つけたんよ 楽しみ^^
イチゴ、5~10個も採れるのは、たいしたもんやね
日当たりは、あんまり良くないけど、いろいろ植えてみようかなって思ってます(*^^)v

☆かんじゃさんへ
こんばんは(^o^)丿

いえいえ かんじゃさんにも感性はあります。
「いいな」って、思える気持ちが、その証拠ですよ(^^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1883352/51771802

この記事へのトラックバック一覧です: 庭に花:

« 果実酒と氷砂糖 | トップページ | 梅がいっぱい »