« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月25日 (土)

庭に花

職場の同僚から、もらったスズラン

雑な植え方をしたのに、春になって芽が出た時は

ほんと、うれしくてブログにも記事をアップしたし、

同僚にも報告しました。

だけど、それから葉っぱは、順調に大きく茂るばかりで、

花らしきものは、いっこうに出てこない

もうそろそろ花の時期は終わりかな



Dscf4515_800x644



やっぱり雑な植えかたしたのが、あかんかったんかなあ・・・

花の育て方は、あんまり分かって無いけんね

来年に期待しよう



その傍らで、これも去年の秋に植えたビオラがず~~っと、

花を咲かせてくれている

スズランが咲かない分、頑張ってくれてるのかな?



Dscf4602_800x600

この春、ミニトマトも植えました。

どんどん大きくなっているけど、やっと一個だけ実をつけました。

花は、たくさん咲いてるので、

たぶん、そのうち実もたくさん生るでしょう・・・・



Dscf4634_800x600

最近、コスモスの苗をもらったので、植えたら、

季節はずれの花が、咲きました。

背が低い種類のコスモスです。

          Dscf4643

大した手入れもしない庭だけど、いつになく華やいでいます。

そして、植えた花達は、毎日違った表情を見せてくれます。

だから、最近庭を見るのが、楽しみなのです。



                                                                         

2013年5月15日 (水)

果実酒と氷砂糖

キンカンの木  サクランボの木

Mさんが、小さな幸せと楽しみのため植えて、まだ4~5年位?だけど

たくさん実を付けるようになりました。

食べきれないし、そのまま置いて、腐らせてしまうのももったいない

それで、Mさんの提案で、果実酒にしました。


まずは、キンカン

小さな木だけど、これだけ取れました。


Dscf4445_800x600
お酒に漬け込んだ後の残りは、ジャムにしました。

果実酒に漬け込むとき、白砂糖がたくさんあるから、それを使うと

Mさんがいうので、ふつうこういうのに使うのは、

「氷砂糖が良いんだけど」って言いました。


Dscf4447_600x800

そしたら、「なんで?おんなじ

砂糖なんやからいけるやろ?」って、

言うんです。

「じわじわ溶けるんがええんよ」と

言ったもののどうして、じわじわ

溶けるのが良いのか?


よく分からなかったので、強く言えず


「まあ それでもええかなあ・・・」と、

言うことで 白砂糖を使った

きんかん酒です。さてどんなお味に

なるのか? かなり楽しみです。




つぎにサクランボ酒です。

006_800x600


Dscf4616_800x600

なぜ氷砂糖を使うのか?調べました。


やっぱりじわじわと砂糖が溶けるところに、大きな意味があったのです。

二度の浸透圧の作用で、果実のエキスを引き出すんです。



一回目にアルコール分が、果実の中に入り込んで、エキスがとけ込みます。

そうこうしている内に、氷砂糖が溶けて、外が濃い液になると、

二回目の浸透圧で、エキスが融け込んだアルコールが外に出る 

そしておいしい果実酒になるという事です。

先人の知恵なんですねえ・・・・先人は、すごいなあ

Dscf4618_600x800
 
今回は、Mさん、「なんで?」と言わなかったので

あえてうんちくは、言わずに、氷砂糖を

使いました。

お酒に仕込んだ後の残りのサクランボは、

うまいうまいと食べました




                               

2013年5月 9日 (木)

かかしの里へ

ずいぶん前から、一度行ってみたいと思っていた

かかしの里へ行ってきました。

かかしの里は、剣山の登山口、見ノ越を過ぎて国道439号に

入って、しばらく行った所、名頃という小さな町にあります。

Dscf4547_759x800_2
    

今回は、メインルート(昔から、剣山に行くときは、この道)

貞光から国道438号を通って行きました。

メインルートと言っても、写真のような、きれいな道は少なくて、

対向するのにやっとだったり、急なヘアピンカーブが何か所もあったりします。

その点では、FTRは、とっても気楽に乗れて、楽しい^^



今回のルートです。↓

Photo

貞光から、しばらく行くと、「土釜」と呼ばれる景勝地があります。

今は、訪れる人もまばらで、遊歩道も荒れ気味でした。

だけど、その景観は、昔と変わらず迫力がありました。

Dscf4551_600x800
この日は、寒いと思って、真冬ほどではないけど、

それなりに厚着をしたつもりだったけど、予想以上に、寒かった

当たり前だけど、標高が上がるにつれて、寒さも厳しくなるし・・・

Dscf4557_800x600

見ノ越を過ぎて、国道439号に入って、しばらく行くと

奥祖谷 二重かずら橋が、あります。

ここも初めて、訪れます。



以前は、祖谷に13のかずら橋があって、生活道として使われていましたが、

今は、よく知られている西祖谷のかずら橋とここと、二か所だけになっている

そうです。

二重かずら橋は、男橋と女橋があります。

これは、男橋の方

Dscf4564_800x600

Dscf4569_800x600_2

Dscf4567_562x800

高所恐怖症の私は、しっかり橋にしがみつきながら、渡りました。




Dscf4574_800x600  

Dscf4575_800x600
















左は、「野猿」と言って、対岸に渡したロープをたぐって、谷を渡ります。

右は、キャンプ場

橋の下を流れるのは、祖谷川

Dscf4578_800x600_3

ここで、とうとう雨が、降りだしました。山の天気は、変わりやすいのです(>_<)






そしてやっと案山子の里へ

案山子??   人???

人かと思ったら案山子。     案山子かと思ったら人。

Dscf4597_800x600_2


思わず、「こんにちは~」なんて、言ってしまいそう・・・

Dscf4592_800x594_2

     Dscf4587_800x775_2                                           




















畑に蒔いた種を盗る鳥を追い払うために、リアルな案山子を作ったのが

最初だそうです。

今では、県内のいろんな地域に教えに行っているそうです。

Mさんの町にも、そういえば、フラメンコの案山子やダイバーの案山子が

居たっけ・・・・そのことを作者の女性に話すと、

やはり何度か教えに行ったそうです。



名頃の住民は40名余り。今では案山子の人口の方が多い町

誰かが「なんで、こないにようけ(たくさん)作ったんで?」と

聞いていました。

「たくさんの人に、ここに来てほしいからです」と、言われてました。

私にも「9月の中頃には、そばの花とコスモスが咲いてきれいなんですよ

ぜひ来てください」と



そう言われると、「これは、行かねば」と、思ってしまうワタクシ

今度は、そばの花が咲く頃に(^o^)丿



Dscf4594_800x600_2

 

2013年5月 5日 (日)

そろそろ初夏

田植えは、終わって小さな早苗が、風に揺れています。

Dscf4509_800x569

                                  
                                

 

ツバメが、巣作りに、いい場所はないかと捜しているのでしょうか。

Mさんの家のまわりを、ぴちぴちとにぎやかに

飛び回っているなあって思ってたら

勝手口を開けた途端に、さーっと家の中に飛び込んできました。
                                   

 

台所で行き止まって、困っていたので、

窓を開け放したり、裏戸を開けたりして

こっちから出られるよ。。。って、さそったけど、

天井付近を飛び回るばかり・・・
                      
             

Dscf4519_800x600


そうこうしてるところにもう一羽、入ってきてしまいました。

台所で2羽のつばめ。




Dscf4516_800x600


つがいかな?

なかなか出てこないのを心配して、来たのかな?

「こっちから出られるから、早く!」とでも言ってるように、

後から来たツバメが、誘うように一度、戸口から出ていきました。

それなのに、出ていかずにいるので、

再び「どうしなの?」とでも言いたげに、舞い戻ってきて、

そばでたたずんでいました。

                      
                        

 

小さなツバメなのに、こんな情にあふれた姿をみてると、

とっても愛おしくなります。
                             

 

 

しばらくして、入ってきた勝手口から、2羽とも、出ていきました。

よかった(ほっ)
                                
 

 

 

田植えの終わった畦にかわいい花が、たくさん咲いていました。

Dscf4528_800x600




                                   

2013年5月 2日 (木)

半日ぷらっと室戸まで・・・

お天気は、晴れ。

大型連休前半は行楽日和。

半日ぷらっと室戸まで行ってきました。

久しぶりに、Mさんと昼食メインのツーリングです。



室戸までは、国道55号線を海沿いに走ります。

四国でも有数のツーリングスポットです。ドライブにも最高

お天気悪いと、最低になります(-_-;)

                                

道を境に片側は、海になだれ込むように山がせまっています。

今は、萌え立つような新緑に覆われて、とってもきれい。

一方海は、定規で引いたようなまっすぐの水平線が、長く長く続いて

空と海を分けています。

こんな風景を眺めながら、信号も、交通量も少ない道を

すいすいと風を切って走ると、乗れる間は、乗っていたいなあ

・・・・バイク・・・って、思ってしまいます。

  003_800x600                                   

そんなことを思いながら1時間と少しで、室戸岬。

岬は、連休とあって、たくさんの行楽客が訪れて、賑わっています。

が、昼食メイン(特にMさんにとっては・・・)なので、素通り

いつもの海の駅「とろむ」まで直行して、お昼ご飯。

Mさんはやっぱり鯨肉の定食。私はナガレコの煮つけ定食。

  007_800x634

  全体に黄色く映ってしまった(>_<)                                   

以前、高知のスーパーに入ったら、鯨肉が普通に売られていました。

「ナガレコ」は、この辺りでそう呼ばれている貝で、

アワビの小さい版みたいで、味もそっくりで美味です。

 013_800x600     

              

              010_800x600              

                        

後は、デザートと称して、アイスを頂いたり

海の駅の一角で、やられている「ドルフィンセラピー」の

イルカさんを見たりして帰ってきました。

                       

室戸で、出会った花。直径1㎝足らずの、小さなかわいい花です。

Dscf4545_800x701

                       

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »