2017年2月16日 (木)

液晶画面その後+バロさん

「この木なんの木気になる木・・・・」
どこまで成長するんだろう???と、思って
見ていたら・・・


↓これ前回です。
Img_3043_800x600





ぽっかり浮かんだお空の雲?に、なって
どこかに飛んで行きそうです

Dscf1193_800x599







これから、さてどうなっていくのか?
今のところ、PC操作には、差ほど支障はなく
使えてます。
変に、この存在に慣れてきています。



犬小屋で、まどろむバロさん
液晶画面をこんなにした多分張本人!


Img_3253_600x800


2017年2月11日 (土)

わぁ~~っ!

この前の、神戸に行った時
自分用のお土産に買ってきました。


ちょっとお洒落な西欧風のカップとソーサー
それにポット
私は、紅茶が少し苦手なので、コーヒーを
入れようかなあ・・・

Dscf1184_800x600


と、いきなり! わぁ~~っ!! 何すんのcoldsweats02

Dscf1183_800x600


なんて。。。。   happy01 heart04



****************************

昨日は、一日雪が降ったり止んだり
一時は、吹雪いて真っ白に・・・
毎日寒いですう

久々 水彩画練習中の画です。


『座布団に肘を乗せて、優雅に寝そべるバロさん。』

Img087_800x510

『水仙』
Img088_553x800


2枚ともはがきサイズ。
ペンで、スケッチした後、水彩色鉛筆で色付けしてます。



水彩の通信教育の課題7個目をやっと提出
あと残り5個。

今月で、通信を受け始めて、丸1年。
早く卒業したい!


                                           pencil

2017年2月 8日 (水)

神戸にて・・・異人館

息子が結婚するということで
彼女のご両親に挨拶をするため出かけました。

ご両親に会うのは、まったく初めてで、緊張しましたあ(;´▽`A``
神戸のとあるお店で会食。挨拶をすませてから、まだ少し時間があったので
たくさんある異人館のなかの「うろこの館」に行きました。

Img_3245_800x450




外国人向けに高級借家として建築されたそうです。
調度品とか収納された小物とか、時代を感じさせるものだけど
とっても高級そう
Img_3246_800x450

ちょっとピンボケ
Dscf1173_800x592


Dscf1174_600x800

昔は、松林のある海岸と広がる海が、この窓から見えたんじゃないかな
今は、林立するビルの隙間から、海が見えます。

Dscf1176_800x600




「しょうしゃな佇まい」というのかな^^



通りすがりに見つけた、ちっさなちっさな洋館
中も見てみたかったけど、そうもしてられなくて・・・・sad
Dscf1180_800x600


かわいい  いつか絵にしようって思って撮りました。

Dscf1178_800x600





最後にうろこの館で見つけた、
こんな小さな張り紙。読んでみてくださいcoldsweats01

Dscf1177_800x600




ちょっと~ やめてくださいなあ。怖いでしょうよ
なんか、あったあ???wobbly








                                        heart01

2017年1月31日 (火)

何かの時のために

私の車に、ドライブレコーダーをMさんが付けてくれました。
最近、「これで助かったあ」とか、スマホをレコーダー代わりにしている人もいるとか・・・
そんな話を時折聞くようになりました。


自分が安全運転を心掛けていても、事故に巻き込まれることもあるかもしれないし
最近、変な運転する人が増えてるような気がして、怖い。


徳島は、まったく自慢にもならない。ちょっとした大恥ですが
昔から運転マナーが悪いという評判があって
それなのに、ここ何年か「指示器をつけない人」を時々見かけるようになった。
職場の若い同僚も「県外の友達に、徳島の車は、ウインカーはオプションなん?」て、
嫌味を言われたって言うぐらい

Img_3239_600x800

Img_3237_600x800




それにイライラしたような運転。
ルームミラーで後続の車を見た時、ナンバープレートが見えないくらい
車間を摘めて走る車。
そんなに煽るんだったら、追い越せばいいのにと思うけど、追い越しはしないんです。

歩行者や路駐の車があった時、対向車があるのにふくらましてくる車。

信号が赤なのに止まらない。特に右折車のための時差信号・・・
一台しか右折できなかったりする。


その他いろいろ

徳島は、車社会です。
車が無いと、ほんと不便極まりない地域です。
これからは、ドライブレコーダーは、車の装備として必需品になってくるんじゃないかなあ






とにかく「わたし、おこってます」happy02

2017年1月25日 (水)

干し芋+Mさん

サツマイモを8kg
大きな鍋で茹でて、せっせと干し芋をつくるMさん。


こういうことは、とてもマメです。
しかし、その日の夕方には、もう2~3個
「うまい!」と言いながら、ほおばっています。

Dscf1159_800x600




その翌日も「うまい!」と言いながら
4~5個。
私にも「食べるだろ?」って渡してくる。
持って来られると、悔しいことに食べてしまう
道ずれにしようとしているのだ

Dscf1149_800x600




こんな調子だから、
干し上がるまでに無くなってるに違いない
ちょっと我慢して、干し上がるのを待てばいいのに
・・・と


毎年歳の暮れには、干し柿作り。
せっせと渋柿を剥いて、つるしてました。
これも、待ちきれないのか、まだ少し渋みが残っているのに、
「うまい!」と言いながら食べるので、Mさんのお母さんが、
一部どっかに隠してたみたい(^_^;)

Img_3110_800x600




隠していた干し柿は、遠くに住む子どもたちに、
田舎からの便りと一緒に送くられたようです。



さっさと食べんと無くなるぞって、言うけど・・・・・ねえ・・・


                                  happy01

2017年1月19日 (木)

假屋崎さん やっぱりすごい

脇町という所に、「うだつの町並み」というのがあります。
古い町並みを保存しているのですが
「うだつが上がらない」の「うだつ」です。


もともとは、延焼防止壁のことで、時代とともに装飾性が増して、
富の象徴になってきたみたい
町並みとして残っているのは、日本で二か所だけだそうですよ


貴重ですね

P1144135_800x600
看板、懐かしいでしょbleah  「琴姫七変化」好きやったなあ~~

そこで假屋崎省吾さんの生け花展があって、観に行ってきました。
脇町での生け花展は、今年で10回目になるらしいです。
どんな縁で脇町のうだつの町並みが舞台になったんかなあ?
一度観に行ってみたいと思っていました。

P1144131_800x600




ダイナミックで、迫力があります。
花を生けるというより、木を生けるって感じかな
見ごたえがありました。

P1144116_800x600_2





P1144119_800x600


P1144123_600x800




花器に使っているのは、鳴門に窯元がある「大谷焼」
蘭の花は、町並みから少し離れた所に
蘭の生産、販売が世界一という会社の直営施設「あんみつ館」というのがあって、
假屋崎さんは、そこの名誉館長だそうです。
そこの蘭の花。その縁もあるんだろうね



そんなすごい所があるなんて、知らんかったあ
初耳学やあ
「あんみつ館」・・・いつか観に行こう!


うだつの町並みをぶらぶら歩いてたら、軒先で野菜を売ってました。
一袋100円  3袋300円 買いました。

P1154140_800x600





こんなに・・・・ せっせと食べなきゃcoldsweats01







                                   寒かったsnowhappy02

2017年1月14日 (土)

小さい春

今日は、四国も寒波に覆われて
風が、吹き荒れるし、時々雪が飛ばされてきて
とっても寒いです。遠くの山は、雪をかぶっているのが
見えます。


先日、孫たちが来ていました。
娘夫婦も一緒に来る予定でしたが、あわや彼の方が、
インフルエンザではないかと思うほどの発熱。。。
(では、なかったので、一安心でしたが)

でも孫たちは、徳島の友達と遊ぶのを
とっても楽しみにしていたみたいで
娘(ママ)は、考えたすえ、


愛媛松山⇔徳島は、バス一本で来れるというので
孫たちだけを、バスで来させました。


小学校4年生を頭に、3年 2年。
3時間余りのバスの旅。
乗り換えが無いから、おとなしく乗ってれば大丈夫。
とは言え、孫たちにとっては、生まれて初めて
ちょっとした大冒険だったんとちゃうかな^^

Img_3194_800x600




お昼のバスで、帰るという日に
散歩がてら、孫たちと文化の森総合公園に行きました。

良いお天気で、青空のもと梅のつぼみがめいっぱい膨らんでいました。
蝋梅も半分が花を咲かせて、良い香りを漂わせていました。
一歩春が近づいた感じです。

Img_3191_800x600




徳島駅まで、送って行きました。
バスに乗り込む、孫たちの顔がちょっぴり
たくましくなったように見えました。





全国的に荒れたお天気。
徳島でも平野部で積雪の恐れ。。。気をつけて





                                    snow

2017年1月11日 (水)

エコたわしを作ってみた

今、ちょっとエコたわし作りにはまってます。
使う毛糸は、アクリルのもの。
主に家にあった残り毛糸で作りました。

小さいから、短時間で仕上がるし
もうすでに、10数個、丸いのやら四角いのやら作りました。

Dscf1145_800x422




その内の数個、ちょうど帰って来てた、息子にプレゼント^^


エコたわしは、便利ですよgood
私は、食器や鍋類を洗うとき、ふつうにスポンジと洗剤で洗うんですが
その後の、すすぎの時に使っています。

他に流し台や洗面所とか水回りの掃除に使います。
それぞれの場所に専用のエコたわしを置いておくと
気になった時に、すぐ使えます。




家の中、すごいピカピカにしてるみたいやけど
そんなこと、ないのでcoldsweats01
単に手抜きとか時短が目的なのでbleah




小さな菊を描いてみました。

Img_3213_738x800_2










                                      house

2017年1月 7日 (土)

お正月

Dscf1140_800x549

旧年中は、訪問コメント、本当にありがとうございました。
本年も、たぶん今まで通りマイペースで更新していく予定です。
よろしくお願いします。


メジロの画は、昨年春にプチツーで撮った写真をもとに水彩で描きました。
今年も練習頑張ります!!happy01


このお正月は、まれに見る穏やかな良いお正月でした。
この一年もそんな一年になってほしいなあって願ってます。



しかし、くたくたのお正月になりました。
ワタクシ、ひとりがきりきり舞いをしているような
晦日から帰省していた息子と入れ替わりに孫たちがやってきて
丸々一週間、仕事をするより疲れました。
「かえっても(帰省)、帰ってもうれしい」、そのものでした。


初詣は、室戸岬にある24番札所「最御崎寺」へ

Img_3168_800x800


初日の出ならぬ、初日の入りcoldsweats01
Img_3161_800x800

静かに暮れて行きました。
グラデーションが、とってもきれかった
Img_3173_800x800



はあ~~wobblysweat01 やっと日常に戻ったあ  やっぱ日常がええcoldsweats01






                                          sun

2016年12月23日 (金)

収穫

初めて、みかん(ポンカン)の収穫を手伝いました。

Img_3119_800x600




Mさんの妹さんは、高知のポンカン農家
今が収穫の最盛期
お天気が、不順なので、好天を見計らって大忙し

いつももらってばかりだから久しぶりに手伝いに行くと
Mさんが言うので、一緒に行ってきました。

Img_3124_800x600




ミカン畑は、山の中腹にあって、青い海が見渡せます。
気持ちが良い

私達以外にも15人ほど収穫作業に来ています。
ハローワークで募った人や20年来、来てると言う人もいました。
いろんな人が、居てて楽しい
10時と3時にお茶休憩。茶菓子などを囲んでおしゃべり

Img_3120_800x600




今は、広い畑を妹さん夫婦二人で、やっています。
収穫のあとは、選別。出荷。
正月明けからは、国道沿いにある店で売ります。
毎年のことだけど、たいへんそう

Img_3126_800x600




たった一日だけど、朝から夕方まで頑張りました。
気持ちの良い一日でした。




                                      sun

2016年12月14日 (水)

大阪へ

新たな場所で、小さな店を始めた息子の様子を見に大阪へ行ってきました。

梅田から電車で一駅の野田駅の近く。
教えてくれたけど、今度もたぶん一人では辿り着けないと思う



周りはこんな所。久しぶりの大阪、何もかも巨大。
人がアリンコみたい
Img_3077_800x600

小腹を起こしに入ったパン屋さんの惣菜パン。
シラスがてんこ盛り^^  美味しかった。
Img_3079_800x600



息子の店は、路地裏の10席も無い、とっても小さな店
Img_3061_600x800


まだ週末だけの営業です。

店以外に、ワインの仲買や、イベントへの出店なんかをやってて、忙しいらしい
その割に、ぎりぎりな感じのときが多いようなあ(・.・;)



それから、息子が10数年お付き合いしていた女性とやっと結婚することになって、その彼女とも会うことにしてました。
なんかホッとしてます。でも先行きが不透明な息子の商売、「彼女に不安な思いをさせたらあかんよ」なんて、ついつい説教じみたことを言ってしまったりして



彼女との約束の時間まで、間があったので、美濃まで、滝と紅葉を見に行きました。
ほとんど終わりかけでしたが、鮮やかな紅葉が少し残っていました。

Img_3101_800x600

美濃の滝です。大阪を代表する景勝地。

Img_3096_600x800_2

こちらは、大阪市の中心街の銀杏並木。鮮やかに残っていました。

Img_3081_800x600








これからは、うっとうしがられるかもしれないけど、ちょくちょく顔を見に行こうかな~って、思ってます。
そうそう  「誕生日プレゼントやでえ」 って、これくれました。
一瞬、ワイン?って、思ったけどオリーブオイルでした。
たぶん高級な・・・・(^_^;)?
Img_3114_600x800



朝食のトーストにやっすいオリーブオイル使ってたから・・・(^_^;)

まだ封を開けずに置いてます。まだやっすいオリーブオイル使ってます。
賞味期限があるから、そろそろ封を切らなきゃいけません。

なんか、もったいない






                                         maple

2016年11月29日 (火)

こんなになっちゃった~  の、つづき

この~木  なんの木  木になる木~♪

名前も知らない木ですからぁ~note

↓以前の記事に載せた写真

Img_2961_800x600

こんな風になったので、その後PCショップに持ち込みました。
そして見てもらいました。

別にディスプレイを付けて、そちらで見るという方法もあるけど、途切れ途切れの画面になってひどく見にくいからお勧めできない
直すには、5~6万円かかる。それだけのお金で、新しいPCが買えると・・・



ここまでは、よくある話


邪魔になるけど、PC作業には、そんなに不都合が無ければ
とことんひどくなるまで、このまま使ってみませんか?と提案してくれました。


このPCは、「7」です。買ってから5年は、過ぎてるんじゃないかなあ?
そろそろサポート期間も終わりに近づいてるし
画面がこんなになってる以外は、まったく問題なく使えるから



そうしようsign03

そして、どんどん黒い部分が膨れ上がって、上まで行ってしまうのかsign02
と、思っていたら、お山のてっぺんに一本の大木が生えて
今は、そんなに大きな変化は無い。

Img_3043_800x600



さて、これからどうなって行くのだろうかあsign02coldsweats01





                                        pc

2016年11月19日 (土)

瀬戸内国際芸術祭 秋 今度こそ終わり

観音寺市の沖合に浮かぶ伊吹島に、日を改めて日帰りで行ってきました。
伊吹島は、「いりこと猫の島」。
いりこ・・・徳島もそうですが、このあたりでは、煮干しのことをそう呼びます。
いりこの生産が盛んで、質が良いそうです。

そして歩いていると、どこからともなく可愛い猫さんが、顔を見せてくれます。
家族みたい

Pb033746_800x600


巡る道は、ほとんど細い迷路のような坂道です。
↓この原付バイクの数。ちょっと半端無いです。ここだけじゃないんです。あちこちに原付バイクが置いてあって、なんせ坂道だから、自転車はとうてい無理。ということで
原付が島の人たちの足になっているようです。
もう自転車のごとく狭い曲がりくねった坂道をブンブンと走ってるんです。
内緒ですけど、ノーヘルだったり
びっくりです。まあ おおらかというかcoldsweats01

Pb033761_800x600

こんな坂道が続きます。甍の向こうに広がる海です。
Pb033751_800x600

(作品)カラフルなのは、手作りのウキです。島の人たちと小中学生が作ったそうで
約6万個だそうですeyesweat02
他に漁網やいりこを干すせいろ?なども使われています。
Pb033734_800x600

作品)廃校になった小学校の園庭に設置された「トイレの家」
実際に使えるトイレもあるし、使えないトイレもある
ん・・・・ようわからん

Pb033730_800x600

廃校になった島の学校では、二宮さんは、健在です。

Pb033731_600x800

作品)そばの竹藪から切り出した竹といりこを干すせいろ?で作られている
パラボラアンテナのようなもの

Pb033759_800x600
どの島でもそうですが、アーティストの皆さんは、島の人たちとの交流や
島の特徴をベースにアートを展開していました。
だから訪れる私たちも島の良さや抱えてる問題、島に住む人たちのことを身近に感じることが出来たと思います。

↓歓迎の大漁旗
Pb033762_800x600

↓豆粒のようにしか見えませんが、これ全部カモメです。船のヘリにも止まってます。
何千羽?もっと?とにかくものすごい数のカモメでした。
Pb033766_800x600


島の港を船が動き出すと、スタッフ(島の人たち)の人たちが、手を振って大きな声で口々に別れの言葉を叫んでくれます。見えなくなるまで手を振って・・・・同じ船に乗ってた誰かが、ぽつりっと「なんか、田舎に帰ってたみたいやなあ・・・」


今度瀬戸芸が開催されるのは、3年後です。たくさん見て回ったように思ったけど、約200の作品のうち3分の1も見れなかったです。行けなかった場所もあります。
3年後また行けたら「行こな」って、娘が言ってくれました。また行けたら良いな


帰り道にちょっと寄り道
観音寺市琴弾公園から見る「寛永通宝」銭形です。

Img_3042_800x600






                                     完

2016年11月16日 (水)

瀬戸内国際芸術祭 秋 その3

午前中に粟島を巡って、午後からは高見島に向かいました。
ここは、除虫菊をたくさん栽培していたそうです。
島全体が、白く見えるくらいだったとのこと

蚊取り線香の原料になるものです。


ここまで、描いて私の脳は、寝てしまったようで(^^ゞ
下書き保存のつもりが、公開になってました。どんくさい
ぼちぼち続きを更新していきますので
お付き合いください。申し訳ない


高見島の港に着くと、何やら賑わしい?ちょうど秋祭りのようでした。

Pa233688_800x600


Pa233696_800x600

除虫菊を題材にした作品です。
このために、栽培したそうです。
Pa233720_800x600

外から差し込んだ光だけで、光っています。
Pa233698_800x600

ただただでかい
Pa233707_800x600

二部屋に渡って描かれた塩の画。気が遠くなりそう
Pa233712_800x600

奥に見えるのはお寺。「男はつらいよ」のロケ地になったお寺だそうです。Pa233718_600x800

高見島と粟島にほど近い所にあって、行けなかった伊吹島に、日を改めて行ってきました。この後、伊吹島の作品など載せたいと思います。


2016年11月12日 (土)

瀬戸内国際芸術祭 秋 その2

翌日は、雨も上がって雲の多いお天気でしたが、雨が降らないだけ見て回るのが、
ずいぶん楽でした。

春からの瀬戸芸の旅で、10いくつの島々を巡りました。
ゆったりと流れる時間、どこかなつかしいような、忘れていたものを思い起こさせて
くれるような。。。そんな島の雰囲気に浸りながら歩きました。
とても癒されました。
だけどいろんな島を巡っているうちに、どの島にもこれまでの長い長い歴史があること。
たくさんの人々が生活して、とても栄えていた時代があったこと。
だけど今、人口が減って、若者が減って、子どもたちの声は聞こえなくなって、
衰退の一途を辿っているのが現実であること。。。
悲しいような寂しいような。時代の流れ、と受け入れるしかないのかなあ?
そんな思いに囚われながら、旅を終えました。

前置きは、以上。。。ちょっと長いけどcoldsweats01

まず粟島です。
この島は、三つの島が潮の流れで砂洲が出来てつながり、ひとつの島になって
スクリューの形をしています。

↓日本初の国立商船学校
たくさんの卒業生が世界の海を股にかけ活躍したそうです。

Pa233609_800x600

↓学校の様子
Pa233623_800x600

Pa233633_800x600
学校内にたくさん作品が展示されていた中のひとつ。大海原。
Pa233626_800x600


↓廃校になった小学校。
録音された、子どもたちの声が響いています。目を閉じると、子どもたちが学んでいた
学校の様子が浮かんできます。
机に置かれた時計は、みんな同じ時間で止まっています。
学校が閉じられて最後に電源を落とした時刻なんだそうです。

Pa233651_800x600

校長先生の机にも

Pa233654_800x600


↓ガラスで出来ています。とっても繊細。

Pa233666_800x600

展示は、元中学校跡。今は「粟島芸術家村」 若手の美術家を支援する施設だそうです。

Pa233667jpg_2
この島で、一番の目的だった「漂流郵便局」です。

Pa233675_800x600

Pa233674_800x600

局長さんです。ここが本当の郵便局だったときの最後の局長だった方とのこと

Pa233680_800x600

こんな風に、ブリキの缶に送られてきたハガキが入っています。
だれでも自由に読むことが出来ます。

とってもとっても切ないです。

Pa233677_800x600

お昼に食べた「タコ飯」です。タコたっぷり、美味しかったよ~~lovely

52_800x600



2016年瀬戸内国際芸術祭は、今月の6日が最終日で、全過程が終了しました。
が、私の瀬戸芸レポートは、もうちょっと続きまあすhappy02
なかなか思うように更新できなくて・・・・catface



                   次が最後・・・それではm(_ _)m

2016年11月 4日 (金)

瀬戸内国際芸術祭 秋 その1

瀬戸芸、秋の部に行ってきました。
今回は、高松からちょっと離れて、丸亀(というと、丸亀製麺を浮かべる人が多い?^^)沖の島々です。

一日目は、本島(ほんじま)~沙弥島(しゃみじま)
二日目は、高見島~粟島を巡りました。

この辺りは、備讃瀬戸と言って、岡山県と香川県との海峡に
ひしめき合うようにたくさんの島があって、潮の流れが急で複雑なんだそうです。
見るからに、潮が湧くようなので、この島々を「塩飽(しわく)諸島」と呼ばれるようになったそうです。

地図で言うと、瀬戸大橋の辺りから、西側に位置します。

2




この日は、あいにくの雨。止むかなあと思いながら、一日降り続きました。

37_800x600


レンタサイクルで、傘をさして回りました。
最初に訪れたのは、ここ。ちょっと不気味な感じ

いったい何sign02coldsweats02 あの世sign02

9_800x600_2


中央の道を進んでいくと、中は真っ暗。ろうそくの明かりが揺れて、周りには真っ赤なおみくじのような物が、無数に貼り付けてあります。
15_800x600


16_600x800この赤い紙に願い事を書くと、あの暗い中の壁に貼ってくれると言うので、
まあ ちょっとした願い事を(笑)




↓これは、お墓ですが、この辺りの島では、「両墓制」といって、
遺体を埋葬した墓と、お参り用の墓を作っていたそうで
写真は、お参り用のお墓だそうです。
この事に着目して作成したのが上の写真の作品。

2_600x800

5つの島で、漁網を編むワークショップをして、島の人々と作った
「そらあみ」
30_800x600

横から見ると、何色もの色で染められていることが分かります。
風に、揺れてきれいです。
31_800x600

その他の作品です。説明してると長くなるので(^^ゞ
↓本島は、石の産地。大阪城の石もここから運び出したそうです。
19_800x600

↓咸臨丸の水夫だった方の生家を使って、島の風景をイメージしたもの
床には、水が張られて瀬戸内の海を表しています。
28_600x800

本島は、水軍の本拠地だったそうです。
21_800x600

本島の猫さんたち
8_800x600




次に沙弥島を目指したのですが・・・・
なんと沙弥島は、春だけの開催。うっかりしていました。
がっかりしながら、仕方がないので、近くの美術館でがっかり感を埋め合わせました。
これは、館内のカフェですが、ベストビューですhappy01

39_800x600

まだまだ瀬戸内芸術祭の記事が続きます。
飽きるかもしれませんが(^_^;)

次は、漂流郵便局で有名になった粟島と高見島に行きます。





                                    rain

2016年10月14日 (金)

水彩画練習中

今年の春から、某有名通信講座で
水彩画を習い始めました。


半年が過ぎようとしてるのに
やっと四つ目の課題が提出できたところです。


少しでも毎日描く。。を目標に頑張ってます。
でもせいぜい一時間ぐらいしか描けなくて
なかなかです。


それでも下手なりに
作品は、たまって来るもので
その中の、少々マシなものをすこし(^_^;)

まずテキストの模写です。
Img_2948_600x800_3

これも模写
Img_2949_600x800_2


次のは、オリジナル
Img_2947_800x600_2


イマイチ(^^ゞ   徳島県庁とその前の
ヨットハーバーです。
はがきサイズに描いてます。

Img_2951_800x600_3

湯のみとミニトマト



こうして観ると、まだまだだなあ



                                   coldsweats01

こんなになっちゃった

私のパソコンの画面が、こんなになってしまったあ

あ~~~~あ (-_-;)溜息

Img_2961_800x600
                             ここup

手荒な真似をした覚えは無いぞcoldsweats02




                                  pc

2016年10月 5日 (水)

瀬戸内国際芸術祭 夏の部 その3

いよいよ憧れの直島です。

と言いながら、月末は仕事に追われて
なかなか更新できずです。
そうこうしているうちに、10月になってしまいましたね。


地元紙に、「地中美術館」のことが紹介されて
「地中に埋まった美術館!?直島?どこ?」
ぜひ行ってみたい
そう思って、10年近い月日が流れました。

15_800x600

直島と言えば、この「かぼちゃ」 インパクト強い
このかぼちゃ柄は、今では、直島のトレードマークに
なってるみたいです。


やっと行くことが出来たのに、前日以上に
暑さで参ってしまい、その上人も多くて
人気の展示は、整理券が配られるほど

32_800x600

もちろん地中美術館は、だいぶ
待ちました。

その順番待ちの間に行った「リウファン美術館」
設計は安藤忠雄さん。
建築に興味が無い人でも一度は聞いたこと
ある名前なんじゃないかと思います。
展示は、そう多くは無いのですが、空間が
何とも落ち着く感じで、良かった


26_600x800

こんなことをしてみたり

27_600x800

こんなバカなことをしてみたり

31_800x600
何をしようとしてるのか?

ちょっと遊んでみました(^^ゞ


2_800x600

撮影を許可されている美術館内のカフェにて
地中美術館は、迫力でした。
照明はほぼ自然光のみで、柔らかい光が
差し込んで、包まれる感じ
もちろん安藤忠雄さんの設計。
どうやって自然光をこんなにうまく取り入れることが
できるんだろう・・・素人には、さっぱり


3_800x600


カボチャ柄のかわいいバスが島を巡っています。

6_800x600


展示外の物ですが、これ全部空き缶です。
それぞれ表情が違うんです。よく考えたなあって思います。

19_800x600


「I heart 湯」アートの銭湯です。入りませんでしたが
また行く機会があったら入浴してみたい

21_800x600

これも展示外ですが、海に浮かべる丸いブイをカエルに変身
かわいい表情で遊んでいます。うまいこと考えるなあ・・・と、感心


7_600x800

これは、何か???
安藤さん設計のトイレです!って言われても
この時暑さでヘロヘロ
思考力0に近い、「あ~ そうですかあ・・・」って感じ
今になって、利用しとけば良かったな


10_800x600

手を振って、船を見送るスタッフの方たち
この光景は、私の地元「出羽島アート展」でも見られました。

この日は、夏の部最終日でした。
直島は、まだまだ見る所は、あるんですが
限られた時間と、蒸し暑さでヘロヘロになって
見の越した所もたくさん


さて次は、秋の部です。
今月なので、計画を練っている所です。






                              good


2016年9月20日 (火)

瀬戸内国際芸術祭 in夏 その2




再び船に乗って、すぐ隣の
女木島に、渡りました。
この時点で、かなり蒸し暑さに
まいってました。

写真を撮る気力もあまり無く(^^ゞ
アップする用に選んだ写真が3枚しか
無かった(^_^;)


海に面した所は、ずっとこうした石垣で
覆われています。
かなり海からの風が強いそうで
その風から、家屋などを守るためだそうです。

この入口に門番の鬼が居てそう)^o^(

13jpg_2
女木島を訪れたのは、実は2度目。
初めて訪れたのは、40数年前。
10代の頃、一人旅で・・・あんまり覚えてません。



山の中腹に洞窟があって、昔むかし、そのむかし
ここに鬼が住んでいたという伝説が
ある島です。別名「鬼が島」
その洞窟は、今も健在のようでしたが
今回は、訪れませんでした。
気力と時間が無かったので(^_^;)


12jpg_2
「段々の風」
陶のブロックを積み上げたものです。
この場所は、元々段々畑があった所、女木島の
家並みとその向こうに高松市が見えます。

19jpg_2

港周辺に並んだ無数のカモメ
「カモメの駐車場」
風が吹くと一斉に向きを変えます。

他にもたくさん作品があって、
ずっと見て歩きました。
が、とにかく疲れてました。


そして、いったん高松港に帰り
予約していたホテルで一泊。
翌日は、念願の直島です!(^^)!






                                  typhoon

«瀬戸内国際芸術祭 in夏